« 日本にもあったらいいな!多彩なカナダの精神障害者向け事業 | トップページ | 反貧困世直し大集会2009~ちゃんとやるよね!?新政権~ »

修正型電気けいれん療法(m-ECT)を普及させようという動きが着々と進められている

東京精神医療人権センター 小林信子

 アメリカ映画の「カッコーの巣の上で」で描かれたECTの使い方の印象が強く、懲罰としての使用や、記憶喪失になるという患者さんからの訴えも多くあり、国の内外を問わず多くの患者さんに忌み嫌われ、反対の声が多いのにもかかわらず、その声が届かない“治療法”も他に例が無いのではないか。
 東京では以前から、都立荏原病院(総合病院)や松沢病院におけるECTの乱用が問題になっていて、私も10年ぐらい前に精神神経学会で問題として指摘したことはあった・・・・

 全文は、おりふれ通信282号(2009年10月号)でお読み下さい。
ご購読(年間3,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 日本にもあったらいいな!多彩なカナダの精神障害者向け事業 | トップページ | 反貧困世直し大集会2009~ちゃんとやるよね!?新政権~ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/46925567

この記事へのトラックバック一覧です: 修正型電気けいれん療法(m-ECT)を普及させようという動きが着々と進められている:

« 日本にもあったらいいな!多彩なカナダの精神障害者向け事業 | トップページ | 反貧困世直し大集会2009~ちゃんとやるよね!?新政権~ »