« 支援者側の問題として考える | トップページ | 日本にもあったらいいな!多彩なカナダの精神障害者向け事業 »

ジュディ・チェンバレンさんにメッセージを

 アメリカのサバイバー活動家であるジュディ・チェンバレンさんが、肺の病気で去年12月から在宅ホスピス療養生活をしています。彼女は何度も日本に来たことがあり、著書も翻訳されているので(「精神病者自らの手で」解放出版社)、ご存じの方も多いと思います。

 ジュディさんが在宅ホスピスに入ってからの日々を、『あるホスピス患者の生活(原題Life as a Hospice Patient) 』というブログに書いていると、大阪の松田博幸さんの文章で知り、おりにふれて読んできました。
 「生涯をかけて「患者(ペイシェント)」という言葉をなくそうと努力してきたのに、今「ホスピス患者」という表現でいいのだろうか。まぁいい表現が見つかるまで「クライエント」でいきましょうか」と、原則派でありつつ柔軟なジュディらしい始まりのこのブログには、痛み、不眠、咳き込みなど症状と対応、ホスピススタッフやヘルパーとのやりとり、体力的にはつらくても外出の機会を大切にしていること、おいしいものや来客の楽しみ、アメリカンフットボールの試合についてなど、よく具合悪いのにこれだけ書けるなぁ!と思うほど、毎日のように書き込まれてきました。8月の終わりには「生前葬」のような大イベントもあり、その準備や様子も知ることができました。
 しかしジュディが段々弱ってきていることは明らかに見て取れ(それはホスピスにいる以上しかたのないことなのですが)、10月1日の記載に「生き続けることに何の積極的意味も見いだせない。ー貯金を使い果たし、家族間の緊張関係を増し、気持ちの上でも肉体的にもみじめさを味わうだけだ」とあるのを見て、たまらない気持ちになりました。何か私たちにできることはないのか。今さらですが、加藤真規子さんや、松田さんに相談をもちかけました。松田さんから「かつて、ジュディさんは、自分と価値を共有できるさまざまな人たちから話を聴きたいと言っておられました。そこで、人びとから日本語でメッセージを寄せてもらい、それを翻訳して送るのはどうかと考えました。言葉のカンパを集めるということです」という返事をもらいました。松田さんも日本語から英語への翻訳を担当して下さるとのことです。

 そこで ジュディ・チェンバレンさんへの言葉を募ります
 内容は何でも。ジュディさん自身「『(病人に)悪いことやマイナスのことを書いてはいけない』とか『何を言えばいいのか分からない』という人がいますが、あなたがしていることを教えて下されば、それが私には助けになるのです。私も皆と同じ活動の一端を今も担っていると感じることができるからです」と言っています。字数200字くらいまで。
メール:xle02444@nifty.com へお送り下されば、英語にしてジュディさんのアドレスchamjudi@aol.comへ送ります。
よろしくお願いします。          (木村朋子記)

|

« 支援者側の問題として考える | トップページ | 日本にもあったらいいな!多彩なカナダの精神障害者向け事業 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/46497855

この記事へのトラックバック一覧です: ジュディ・チェンバレンさんにメッセージを:

« 支援者側の問題として考える | トップページ | 日本にもあったらいいな!多彩なカナダの精神障害者向け事業 »