« 「赤毛のアン」の島・プリンスエドワード島で | トップページ | 立川市生活福祉課の対応が改善されるまでの経緯から感じたこと »

読者からの手紙

 はじめまして、私は、現在石川県立看護大学で精神看護学の准教授をしている武政奈保子と申します。
 平素より、仕事で精神病院に出入りしているのですが、74歳の母が統合失調症(?)で入院となり、千葉県の下総療養所に入院になってしまいました。突然の入院で応急入院でした。すぐに医療保護になりましたが、入院してから3週間、毎週石川県から見舞いに行っても、面会させてもらえませんでした。理由は、看護師が主治医から面会許可を聞いていないからというものでした・・・

 以下全文は、おりふれ通信281号(2009年9月号)でお読み下さい。
ご購読(年間3,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 「赤毛のアン」の島・プリンスエドワード島で | トップページ | 立川市生活福祉課の対応が改善されるまでの経緯から感じたこと »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/46419458

この記事へのトラックバック一覧です: 読者からの手紙:

« 「赤毛のアン」の島・プリンスエドワード島で | トップページ | 立川市生活福祉課の対応が改善されるまでの経緯から感じたこと »