« 大阪精神医療オンブズマンその後 | トップページ | 観察映画「精神」を観て ー当事者の視点からー »

映画「精神」を見てきました

訪問看護ステーション勤務
         中嶋 康子

 前評判がすごかった。「今までタブー視されてきた世界を撮ったドキュメント」・・これはこれでいいのかなと思いつつ・・・
 岡山のとある診療所を中心とした精神疾患・障害者を取り巻くサービスが、自立支援法成立直前の時代背景を伴って展開されている。ただ・・ドキュメンタリーという手法からなのか、事実がよく言えば淡々と、見ようによってはちょっと難しく展開していく。この方法で、「一体誰に対して何が言いたいのか?」との疑問がわいた・・・

 以下全文は、おりふれ通信279号(2009年7月号)でお読み下さい。
ご購読(年間3,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 大阪精神医療オンブズマンその後 | トップページ | 観察映画「精神」を観て ー当事者の視点からー »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/45934682

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「精神」を見てきました:

« 大阪精神医療オンブズマンその後 | トップページ | 観察映画「精神」を観て ー当事者の視点からー »