« 映画「精神」を見てきました | トップページ | 続・WNUSP(世界精神医療ユーザー・サバイバーネットワーク)大会 2009.3.16~20-参加報告および感想- »

観察映画「精神」を観て ー当事者の視点からー

本城一信

 この映画を語る前に、どうしても伝えておきたいことがある。人間というものは、いかなる状況に置かれていても、いかなる状態であったとしても、生きるに値する尊い、大切な存在であるということ。このことを念頭に入れた上でこの映画を見ないと、特殊な場所の、特殊な人達の、特殊なできごととして、この映画を捉えてしまう恐れがあるように思う。
 見る側の悟性が試される映画でもある。言い換えるならば、観察されるのは、この映画の主演者ではなくて、実は見ている側の人間の心の内ではないだろうか。
 それにしても、この映画に出てくる人達の無防備さは、私には驚きであった・・・


 以下全文は、おりふれ通信279号(2009年7月号)でお読み下さい。
ご購読(年間3,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 映画「精神」を見てきました | トップページ | 続・WNUSP(世界精神医療ユーザー・サバイバーネットワーク)大会 2009.3.16~20-参加報告および感想- »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/45934669

この記事へのトラックバック一覧です: 観察映画「精神」を観て ー当事者の視点からー:

« 映画「精神」を見てきました | トップページ | 続・WNUSP(世界精神医療ユーザー・サバイバーネットワーク)大会 2009.3.16~20-参加報告および感想- »