« 長澤康寛さん『吾が生涯』前編 | トップページ | 反-貧困ネットワーク 09年選挙目前! ~私たちが望むこと~ »

東京精神医療人権センター第23回総会開催

事務局 尾藤昌子

 2009年6月17日、弁護士会館にて標記総会が開かれた。参加者は10名。冒頭、永野代表より昨年度から東京都の財団の補助金を返上したため資金の減はあるが、活動はできるところまで続けていくという挨拶があった。
 続いて2008年度の活動報告・方針の検証がされた。
主な内容は、①医療観察法の問題と今後の行方:国立精神・神経センター(武蔵)病院への定期訪問は継続している。人権センターは今後も武蔵病院へ訪問しながら監視を続けていく。なお武蔵病院以外の医療観察法病棟は通常年に2回のみの外部評価委員会の開催で、どれだけ外部監視の役割が果たせるか疑問である。
②身体合併症の問題:滝山病院入院者から初めての電話相談があり、訪問した。結果として、ご本人の力と保健師など地域の受け入れスタッフの協力で退院に至ったが、人工透析を必要とする患者さんの受け入れ先がない中、透析設備をもつ滝山病院(マンパワーに乏しく、死亡退院率68%の劣悪病院)が多くの精神病院から転院先として利用されている。入院者の高齢化が進む現在、身体合併症治療の整備は大きな課題である。
③精神医療審査会の問題:群馬県で・・・・

 以下全文は、おりふれ通信279号(2009年7月号)でお読み下さい。
ご購読(年間3,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 長澤康寛さん『吾が生涯』前編 | トップページ | 反-貧困ネットワーク 09年選挙目前! ~私たちが望むこと~ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/45934579

この記事へのトラックバック一覧です: 東京精神医療人権センター第23回総会開催:

« 長澤康寛さん『吾が生涯』前編 | トップページ | 反-貧困ネットワーク 09年選挙目前! ~私たちが望むこと~ »