« 恩師藤澤敏雄先生へ | トップページ | WNUSP(世界精神医療ユーザー・サバイバーネットワーク)大会 2009.3.16~20 -参加報告および感想- »

追悼 藤澤敏雄先生

柏木診療所 岩田柳一

柏木診療所の岩田柳一です。本日は藤澤敏雄先生のお別れの会にお集まりくださりありがとうございます。この会の主催団体の一つ医療法人東迅会を代表して一言、哀悼の言葉を述べさせていただきます。私は藤澤敏雄先生と1978年に国立武蔵療養所で出会いました。私が24歳、藤澤先生が43歳の時です。以来、藤澤先生とは陽和病院、柏木診療所、にしの木クリニックで精神医療の実践をともにしてきました。
藤澤先生は精神医療だけでなく人間や社会のありかたについて、常に、深く思索しておられ、巾広い分野のかたと交流、行動する、優れたオルガナイザーでした。しかし「革命は25時に語れ」ともいっておられ、常に臨床医として全力投球する姿勢を貫いておられました・・・


 以下全文は、おりふれ通信278号(2009年6月号)でお読み下さい。
ご購読(年間3,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 恩師藤澤敏雄先生へ | トップページ | WNUSP(世界精神医療ユーザー・サバイバーネットワーク)大会 2009.3.16~20 -参加報告および感想- »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/45934746

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼 藤澤敏雄先生:

« 恩師藤澤敏雄先生へ | トップページ | WNUSP(世界精神医療ユーザー・サバイバーネットワーク)大会 2009.3.16~20 -参加報告および感想- »