« 地域を第二の精神病院にしないために | トップページ | 追悼 藤澤敏雄先生 »

日比谷派遣村・サポート日記

派遣村ココロと体のサポートチーム  和久井みちる

 2009年1月1日、私は日比谷公園の派遣村にいた。
元日は村民150人といわれているが、ボランティアは大勢集まっていて、誰が村民で誰が支援者なのかわからない状態だった。その夜はカレー。150人分の大鍋を二つ。300人分はきれいになくなった。
 4日に行ったときはもう500人を越え、あふれかえるように人、人、人だった。生活保護の集団申請が始まっていた。私は生活保護を利用して暮らしている人間の一人だ。生活保護になって1年以上になるが、未だに「わからない」ことが多い。何百人もの人が、一斉に生活保護を受けることになったら、同じように「どうなっていくのかがわからない」「誰に聞けばいいのだろう」と戸惑う人が出るだろうというのは、すぐに想像がついた・・・・

 以下全文は、おりふれ通信277号(2009年4月号)でお読み下さい。
ご購読(年間3,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 地域を第二の精神病院にしないために | トップページ | 追悼 藤澤敏雄先生 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/45076007

この記事へのトラックバック一覧です: 日比谷派遣村・サポート日記:

« 地域を第二の精神病院にしないために | トップページ | 追悼 藤澤敏雄先生 »