« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

追悼 藤澤敏雄先生

<編集部から> 去る3月25日に亡くなられた藤澤敏雄先生のおりふれ通信2001年新年号巻頭、本紙としては絶筆になった2002年新年号巻頭と、戸塚悦朗弁護士から寄せられたお手紙を掲載します。

二十一世紀のはじめに
      藤澤敏雄

 明けましておめでとうございます。二十一世紀を迎えましたが、皆様にはそれぞれ新しい思いでおられることでしょう。ふたつの世紀にまたがって生きられることを、素直に歓びたいと思います。知人の母上が、三つの世紀にわたって生き続けられ、なお元気でおられるという話を、つい先日耳にしました。高齢化社会の到来ということを実感させられます。
 少子高齢化という言葉が使われだしてから、ずい分の時が過ぎたように思います。2000年になって、介護保険制度が導入され高齢者の介護のための対策が発足しました。福祉サービスを税金でまかなうのでなく、これまでの「措置」という考え方から、受益者の選択による契約という考えを基本にしています。サービスの質を向上させるために、権利擁護制度や情報公開などが併せて具体化するはずでしたが、まだ実体化していません。それと、受益者負担の導入で実際に介護が必要と認定されても、利用することができない人が出てきたり、従来は市町村が工夫していたサービスがなくなるなど問題がたくさんあります。新しい制度の中味が充実していくように、それぞれで力を出していくと同時に、市民としての監視の目を持ち続ける必要を感じます。
 老人の医療については、以前から強い現状批判がありました。薬漬け、点滴漬け、拘束、寝たきりにしてしまう、早い死という老人病院の実体が知られるようになったからです。昨年暮れ、埼玉県の朝倉病院という精神病院のスキャンダルが明らかとなりました。痴呆性高齢者をいろいろな地域から集め、劣悪な人的資源や環境下で、必要もない人にまで医療点数の高いIVH(中心静脈栄養)を施し、しかも多くの人たちを早い時期に死に至らしめたということです。いろいろな地域の中には、東京八王子の滝山病院を始め、いくつかの病院から転院させられた患者が入っているとのことです。かつて1984年に発覚して、精神保健法成立の引き金となった宇都宮病院事件と同じ構造がここにもあります。劣悪な病院と知りながら、東京の福祉事務所や病院が「厄介な」患者を送り込んでいたのです。
 問題は、朝倉病院事件を我がこととして考えられるかどうかということです。昨年暮れ、ある会合で国立精神神経センター総長と出会いましたが、彼は「あれは例外的な事件ですよね」とさらりと話しました。私は「いや氷山の一角ですよ」と応じました。日本の精神病院が、朝倉病院は例外的な病院だと言えるほどよくなったとは、とても考えられないのです。もの言えぬ人や、守ってくれる家族とか友人のいない人は、今なお酷い病院に収容され続け、収奪の対象とされているのです。
 かつて、老人は共同体の中で智恵袋として尊敬されていました。しかし共同体が崩壊する一方で、高齢化が進み、文化として老人をどう扱えばいいか分からぬうちに、老人は孤立していきました。過疎、過密の地を問わず、街並みの中に老人がのびのびできる場所がなくなったのです。これは、老人だけでなく、子供にとっても同じこと言えるのですが。施設や病院などで、「おじいさん」「おばあさん」といった呼称がよく使われます。時には「おじいちゃん、おばあちゃん」とも言われます。人間の尊厳という言葉があります。個別性、歴史性をそれぞれの老人がもっているという認識の中から尊厳という認識が自然と生じます。マスとして「老人」という時に、老人の尊厳が消失するのでしょう。
 朝倉病院が存続してきたのは、痴呆性高齢者一人一人の尊厳を消し去った時に、起こりえたことだったのです。老人を呼ぶ時に姓名のいづれかをきちんと呼ぶことが出発のように思います。


以下全文は、おりふれ通信277号(2009年4月号)でお読み下さい。
ご購読(年間3,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

日比谷派遣村・サポート日記

派遣村ココロと体のサポートチーム  和久井みちる

 2009年1月1日、私は日比谷公園の派遣村にいた。
元日は村民150人といわれているが、ボランティアは大勢集まっていて、誰が村民で誰が支援者なのかわからない状態だった。その夜はカレー。150人分の大鍋を二つ。300人分はきれいになくなった。
 4日に行ったときはもう500人を越え、あふれかえるように人、人、人だった。生活保護の集団申請が始まっていた。私は生活保護を利用して暮らしている人間の一人だ。生活保護になって1年以上になるが、未だに「わからない」ことが多い。何百人もの人が、一斉に生活保護を受けることになったら、同じように「どうなっていくのかがわからない」「誰に聞けばいいのだろう」と戸惑う人が出るだろうというのは、すぐに想像がついた・・・・

 以下全文は、おりふれ通信277号(2009年4月号)でお読み下さい。
ご購読(年間3,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »