« 東京精神医療人権センターからー精神医療審査会問題と取り組んでいます | トップページ | 地域を第二の精神病院にしないために »

訪問看護ってなに?

村上ひろみ(作業療法士・訪問看護ステーション勤務)

 精神科病院での仕事が好きで、ずーっと病院の中で働いてきた私ですが、諸般の事情により少し前から地域で訪問の仕事に就いている。車の運転ができないので(危険すぎて実用に耐えない)自転車で走り回っていて、走行距離が1日15キロならいいんだが、20キロ超となるともう半泣きである。そんなことはともかくとして、1週間に1回利用者様のお宅を訪問して、一体何をやってんだ?3割負担だとするととんでもない値段になっちゃうソレって?という辺りを、けっこう弾んでやっている側から披露したい・・・・

 以下全文は、おりふれ通信277号(2009年4月号)でお読み下さい。
ご購読(年間3,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 東京精神医療人権センターからー精神医療審査会問題と取り組んでいます | トップページ | 地域を第二の精神病院にしないために »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/45076062

この記事へのトラックバック一覧です: 訪問看護ってなに?:

« 東京精神医療人権センターからー精神医療審査会問題と取り組んでいます | トップページ | 地域を第二の精神病院にしないために »