« 当事者のとりとめのない話 | トップページ | 訪問看護ってなに? »

東京精神医療人権センターからー精神医療審査会問題と取り組んでいます

東京精神医療人権センター 小林信子

長いことご無沙汰しています。情報の発信をしていないので焦っているのは事実です。
 でも、「人権センター」は少し活動量が落ちているとはいえ、細い水脈のように確かに存在しています!昨年12月には多くの支援者からカンパも頂き、それを半年間の活動費に当てています。皆さん、本当にありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。
 今回は久しぶりに、「センター」しか扱わない地味なテーマ、目下“闘争?”継続中の精神医療審査会と県の事務局が引き起こした問題について報告します。

 群馬県在住の元患者さんからの訴え
 医療保護入院中に退院請求を出し、審査会の結果は“入院継続”となった。しかし結論が出る前に退院となり、結果通知は保護者である夫には届いたが、申請者である自分には来ず不審に思った。後日たまたま市が主催する「精神障害者の権利講座」に出席し、精神医療審査会の仕組みを知って驚いた。入院中、自分には審査委員による事情聴取が行われていなかったということに気がついたのだった。自分を入院させた夫の意見はちゃんと聞いていたのに。早速、県の担当者に電話で何回か問い合わせたが、相手にされず、しかも時間も経過していたため、「それはもう時効である・・・」と突っぱねられた、ということで「センター」に相談があった。
 今年の1月「センター」は代理人となって、①審査委員がどういう構成で何人、何月何日の何時頃、本人を訪問したのか。②審査結果の通知は当然本人にも送付されるわけだが、それがなされなかった理由は何か、と文書で質問した。
 数日後、県の心の医療センターの次長と名乗る人からセンター」に電話があった・・・

 以下全文は、おりふれ通信276号(2009年3月号)でお読み下さい。
ご購読(年間3,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 当事者のとりとめのない話 | トップページ | 訪問看護ってなに? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/44677413

この記事へのトラックバック一覧です: 東京精神医療人権センターからー精神医療審査会問題と取り組んでいます:

« 当事者のとりとめのない話 | トップページ | 訪問看護ってなに? »