« 2008.10.31全国大フォーラム・集会に参加して | トップページ | 東京三弁護士会の障害者・高齢者の電話相談が統一されました!**** 03-3581-9110 月~金 1~4時 **** »

おりふれ編集後記 2008年

 今年は精神の業界(?)にもジワジワと、あるいは急激に自立支援法の影響を感じた一年だった。
  支援費制度を知らず、応能と応益の区別も分からず、もともと少ない支援しか得難い環境の中に居たので、勉強不足もあるけれど、支援法の不穏な空気を感じつつ、現実的には今までとの違いがよく分からなかった。私の場合、生活保護を利用しているので、そのせいもあるだろう。でも、気がつくと、やたら手続きが増えたり、私自身や身近な仲間たちが居場所を失ったり、通う場所を作るのが困難になったり、はっきり形に現れずとも、なんだか作業所が前より管理的になったように思うという声が出ている。そして時に「○○さんは、もうここには来てないよ」と聞く。個人的な問題なのか、制度の影響か、私達は分からないまま、仲間との繋がりを知らぬ間に分断されていないだろうか?病院でも施設でも、そこを辞める人達は理由を言わずに辞めていくことがほとんどだ。残されたもの達は「なんでだろう?」と疑問を感じつつも、様々なシーンでこういうことに慣れているから…「なんかあったんでしょう」と、見て見ぬフリが常套だ。この技が精神の業界で生き残るため必要だったりするのだもの。
  でも、そろそろこのサバイバルスキルを違うものに変えていきたい。じゃないと生き残れないと感じるからだ。私の中で「このままではヤバい!」「なんだかいろんなことがヤバい!」と強く感じている。孤立を何より恐れる私。おりふれを通じて繋がっている方々に感謝です。来年もよろしくお願いします。  石井真由美

 全文(他の編集部員の後記)は、おりふれ通信275号(2008年12月号)でお読み下さい。
ご購読(年間3,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 2008.10.31全国大フォーラム・集会に参加して | トップページ | 東京三弁護士会の障害者・高齢者の電話相談が統一されました!**** 03-3581-9110 月~金 1~4時 **** »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/44027367

この記事へのトラックバック一覧です: おりふれ編集後記 2008年:

« 2008.10.31全国大フォーラム・集会に参加して | トップページ | 東京三弁護士会の障害者・高齢者の電話相談が統一されました!**** 03-3581-9110 月~金 1~4時 **** »