« 10.19 反ー貧困 世直しイッキ!大集会 参加記 | トップページ | ティナ・ミンコウィッツさんの話を聞いて »

「精神障害者にとって 今のサービス、必要なサービス、希望調査」結果から見えたこと

 昨年12月号に掲載し、協力をお願いしたこのアンケート調査について、10月24日岡山で開かれた日本病院・地域精神医学会で、以下のように報告しました。全体のまとめはもうすぐできる予定。関心のある方は編集部までご請求下さい。

東京都地域精神医療業務研究会 山本 則昭

はじめに
 自立支援法になり、身体障害や知的障害と同じように、精神障害者も地域生活をサポートする福祉サービスを受けられるようになった。しかし、実際には、ホームヘルプ、グループホーム、ショートステイ、ガイドヘルパーくらいしかメニューがない。そこで、地域生活をしている人の状況や希望を聞くことで必要なサービスが見えてくるのではないかと考えた。自立支援法では、障害程度区分に連動してサービスの種類や量が決定されるというしくみになっているが、わたしたちは、一人一人のニーズに基づいたサービス決定がされるべきという考えであり、そういった意味でも、現状のニーズを把握したいという思いがあった。この調査では、まず人として当たり前の生活を想定し、収入、衣、食、住、社会人としての活動(仕事その他)、個人生活(家族を含め)、楽しみや生きがい、将来への思いを尋ねた。ニーズをあらかじめ想定して、現在あるサービスに落とし込めてしまうことがないように配慮した。
 調査は2007年3月から2008年5月までの間実施し、何らかの資源とつながって地域で生活している148人の協力が得られた。調査結果をまとめる際、いくつかの項目に分けて現状・ニーズを検討し、解決策を考えた。今回は、その中で特に重要な八つのポイントで報告したい。

1.仲間作り、居場所作り
「寝る、話す、何でもOKな場所」「調子の悪いとき、そこで何もしなくてもずっといられる場所」など、自由に気楽にいられる場所を求める声は多くみられた。そして「寂しいときに話ができる仲間が欲しい」という。「一人でいられる場の確保と色々な人と交流できる場が必要」と、脅かされずに安心していられることと人との出会い・交流の場の両方が必要であるという訴えにはうなずかせられた。これらは人として生きていく上で当然必要なものであるにもかかわらず、それが満たされていない現状があるのだと、改めて認識した。
 自由な居場所を保証するためには、場所と共に管理人的役割を担うマンパワーが必要だろう。地域のオープンスペース的な取り組みに対して、家賃の補助と並んで、ピアサポーターを含めた一人分の人件費の補助が必要と考える。

2.調子の波、本人の希望にあわせた柔軟な介助
・・・・・・

以下、全文は、おりふれ通信274号(2008年10月号)でお読み下さい。
ご購読(年間3,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 10.19 反ー貧困 世直しイッキ!大集会 参加記 | トップページ | ティナ・ミンコウィッツさんの話を聞いて »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/43088903

この記事へのトラックバック一覧です: 「精神障害者にとって 今のサービス、必要なサービス、希望調査」結果から見えたこと:

« 10.19 反ー貧困 世直しイッキ!大集会 参加記 | トップページ | ティナ・ミンコウィッツさんの話を聞いて »