« NIMBY? ー外来精神医療学会に参加して | トップページ | 医療観察法に関する省令の一部改正案出される-厚労省自らが医療観察法の破綻を認める?- »

しばしの「放浪」を終えて

久保田公子

その1:高齢者福祉・医療の現場を垣間見て
 一昨年の夏から1年半余りの間に、高齢者福祉・医療の現場(主として介護労働の場)を転々とした。デイサービス(3ヶ所)、グループホーム(2ヶ所)、認知症病棟、老人保健施設等、全部で10ヶ所である。最短3日で辞めた所もあり、友人たちに驚かれたが、自分に合う仕事・職場を求めて、またいろいろな現場を見てみたいという衝動にかられての転職だった。もっとも後に述べるような、あちこちの現場で抱いた疑問に根気強くつき合っていく気力・体力が伴っていなかったことも事実である。
 そんなわけで、まとまった報告にはならないが、垣間見た状況をまずはお伝えしたい。

1.デイサービス(NPO法人立1ヶ所、株式会社立2ヶ所)
・利用者に対して「お客様」として丁寧に接している(利用者の前を横切ってはいけないとか、職員が立って見渡していると監視しているように見えるのでやめるよう言われたり等。またこれは不自然だと思うが、利用者を様付けで呼んでいたところもある)。
・元気な方も身体が不自由な方も、認知症の方もそうでない方も、入り交じって利用しており、職員は対応に工夫しながら接している。
・おやつの時間には、コーヒーか紅茶か、砂糖やミルクを入れるかなど、個々の利用者の好みによってお茶が出されているところが多い(職員が一緒にお茶を飲むことは絶対になく、職員はすきを見て隠れて飲まねばならない。「利用者からさぼっていると思われる」というのが理由のようである)
・施設の運営やプログラム等についての利用者を交えての話し合いはなく、職員側が一方的に決めて提供する。画一的な「老人像」があるのか。レクリエーション等のプログラムはどこも似たり寄ったりで、子供じみているものもある。(利用者の多くは満足しているように見受けられたが・・・)。また流れている音楽や室内の装飾も似通っている。
・2ヶ所の株式会社立の内の一方は、かなり営業成績が意識され、サービスの向上も第一義的にはそのためのものであるように思われる。

2.Mグループホーム(株式会社立)
・入居金が100万円余かかり、その他部屋代等が月10数万円かかる。
・暗証番号でしかドアは開けられず、皆一律に1人では外へ出られない。
・お金も一律に全く所持できない。
・週に2~3回、職員付き添いで30分ほどの散歩があり、それが外へ出る殆ど唯一の機会であり、主たるレクリエーションである。
・食事は、業者からパックに詰められて届いたものを、盛りつけのみ入居者に手伝ってもらって職員と一緒に食べる。
・おやつはまとめ買いし、お茶もその時々の希望を考慮することなく、一律に同じものが出される。・・・

以下、全文は、おりふれ通信271号(2008年7月号)でお読み下さい。
ご購読のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ


|

« NIMBY? ー外来精神医療学会に参加して | トップページ | 医療観察法に関する省令の一部改正案出される-厚労省自らが医療観察法の破綻を認める?- »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/42106541

この記事へのトラックバック一覧です: しばしの「放浪」を終えて:

« NIMBY? ー外来精神医療学会に参加して | トップページ | 医療観察法に関する省令の一部改正案出される-厚労省自らが医療観察法の破綻を認める?- »