« 新宿を「解放区」とさせた5・3自由と生存のメーデーデモ | トップページ | 東京精神医療人権センター第21回総会報告 »

精神障害者の介助―その問題点と期待 絆社・第1回公開研修会に参加して

NPO法人 コミュニティサポート研究所 齋藤明子

 去る5月25日「スマイルなかの」の会議室で中野区の指定介護事業所である絆社がキリン福祉財団の助成を受けて『手足も動く目も見える そんな精神障害者に介助なんているの? どんな介助が必要なの???』という長いタイトルの公開研修会を開催した。
申込不要、参加費無料といううれしい設定で、少々遅刻して行ったら、すでに始まっていて会議室は人で溢れていた。

●当事者リーダーが語る介助の必要性、欲しい介助
 まず絆社の代表である山本真理さんがタイトルの???の部分を解き明かされた。

以下、全文は、おりふれ通信270号(2008年6月号)でお読み下さい。
ご購読のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

|

« 新宿を「解放区」とさせた5・3自由と生存のメーデーデモ | トップページ | 東京精神医療人権センター第21回総会報告 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/42106459

この記事へのトラックバック一覧です: 精神障害者の介助―その問題点と期待 絆社・第1回公開研修会に参加して:

« 新宿を「解放区」とさせた5・3自由と生存のメーデーデモ | トップページ | 東京精神医療人権センター第21回総会報告 »