« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »

「昔と比べて今は良くなった」のか?

精神医療ユーザー 石井真由美

 最近、違う場面で同じ様なことを聞き違和感を感じた。
 ひとつはある集まりで、精神障害者のグループホームの話が出た時、私が「地域の人達にここには作ってくれるなと反対されてしまうことがあるんです」と言ったら、「いや、今は地域の人達にも理解して貰えるようになってきたし、前と比べて状況は良くなりましたよ。これはもうかなり変わりました」とハッキリクッキリ言われたことだ。 もうひとつはTVドラマ「3年B組金八先生」を観ていたら、アルコール依存症の父親が家族に暴力をふるい経済的にも破綻したので、金八先生がその息子(生徒)を助けるため福祉事務所に行って相談したところ、ワーカーさんに父親の精神病院への入院を勧められた。金八先生は「精神病院はちょっと…」とか抵抗心を少し示すが、ワーカーさんは「精神病院といっても今はもう昔と違いますよ。鉄格子もなくなり~」と言って、病院はもう恐い所ではないですよ的な説明をする。そしたら金八さんは「それなら良かった」とすっかり安心して、父親を説得した結果、父親は自ら入院したというお話 (後略)

・・・・・・

編集会議から
2月の編集会議で、石井さんから上のような話が出され、当会の藤沢敏雄元代表が2001年1月号の本紙に「二十一世紀のはじめに」と題して、当時明るみに出た精神病院不祥事について、「問題は、朝倉病院事件をわが事として考えられるかどうかということです。ある会合で出会った国立精神神経センター総長は『あれは例外的な事件ですよね』とさらりと話しました。私は『いや氷山の一角ですよ』と応じました。日本の精神病院が、朝倉病院は例外的な病院だと言えるほどよくなったとは、とても考えられないのです」と書いていたことが想起されました。
(中略)
 おりふれ通信は「精神病院問題にこだわる」ことを編集方針の一つにしています。これからも努力していろいろな実例、情報公開を続けている精神病院統計からわかることなどを取り上げていきたいと思います。読者の皆様の参加、ご協力もよろしくお願いします。(「文章を書くのはちょっと・・・」とおっしゃる方は編集部でインタビューします) 木村記

 全文は、おりふれ通信 2008年2月号でお読み下さい。
ご購読のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

東京精神医療人権センター 精神医療審査会について都知事宛質問状提出

 前号巻頭「精神医療審査会はこっそり患者の権利制限をしている」で、東京精神医療人権センターの小林事務局長が報告した問題について、人権センターでは、2月6日付で、以下の内容の質問状を石原慎太郎都知事宛に提出した。2月末までに文書による回答を求めている。

<人権センターから都精神医療審査会事務局への電話質問で明らかになっている問題点>
1.退院請求申請が却下されてから6ヵ月後でなければ、新たな申請を受け付けない。退院請求の審査時に処遇改善の要求も含んで審査するので、処遇改善請求も6ヶ月経過後でなければ新たな申請を受け付けない。
2.措置入院中に退院請求をしたがほどなく退院した(審査が間に合ったかどうかは不明)人が、直後に再び別の病院に措置入院になり退院請求した件についても、前回の申請から6ヶ月以内の場合は、原則として1と同様であるが、その申請者の様子を見てケースバイケースで取り扱う。
3.処遇改善の中身は、隔離・拘束の2つの事項だけを審査する。
4.1~3は都と審査会との話し合いで合意しているが、明文化はしていない。

<これについての質問>
都と審査会の明文化されていない申し合わせなるものは、
イ)何時なされたものか。
ロ)審査会との申し合わせというが、審査会のどのような機関との間の申し合わせか、審査会の意思形成は何時、どのようになされたのか(当会で直接問い合わせた審査会委員は全く承知していなかった)。
ハ)上記申し合わせなるものは、精神保健福祉法、同施行令、同施行規則、省令通達等の如何なる法的根拠に基づくものか。
ニ)審査会の運営については、2000年3月28日障第209号各都道府県知事・各指定都市長宛、厚生大臣官房障害保健福祉部長通知「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律第12条に規定する精神医療審査会について」に付された精神医療審査会運営マニュアルが発せられている。同Ⅴ1「退院等の請求の受理について」の項において、全ての退院請求、処遇請求等について請求のあった場合は、請求者に対する意思確認をした後、速やかに当該請求を受理した旨請求者、当該患者、保護者等、病院管理者に対して書面又は口頭により連絡するものとされている(同項2(1))。そこには如何なる期間の制限もされておらず、上記のような東京都の取扱いは、明らかに運営マニュアルの同条項に反するものと考えられるが、知事としての見解は如何か。
(ホ)処遇改善請求の中身を隔離・拘束の二つに限るとする根拠は何か。
 なお、法37条第1項の規定に基づき、厚生大臣の定める処遇の基準は隔離・拘束だけではない。1988年4月8日厚生省告示第130号では、第一に「基本理念」を定め、第二に通信面会についての基準を定めた後に、隔離と拘束についての基準を定めている。このような基本理念に反する処遇や、面会・通信の基準に反する処遇について、その処遇改善請求を排除する前記申し合わせは、明らかに法38条並びに法37条に反すると考えられるが、知事としての見解は如何か。

| | トラックバック (0)

あと出しジャンケンの弁Ⅷ 陽和病院周辺住民感情は著しく敵対化している?

岡本省三

 四半世紀を優に超える陽和病院との関わりの中で、院の内外とも“桑滄の変”もただならぬ時代の波を浴び、今や昔の面影とてない。
 しかしここで諸氏の特別の注意を喚起すべき異様な体験を相次いですることとなった。
 昔病院周辺にいくつもあった喫茶店はほぼ全滅し、今や残るのは至近のバス停に面し、開店以来「患者お断り」を少なくとも建前としている許し難い一軒だけと成りはてて久しい。私は時折疲労困憊甚だしい時に限ってここで小憩することにしていた。
 さてつい先日のことだ。大変遅くもなり、しかも冷たい雨の中とあって私はここに入るため戸を開けた。しかるに何事であろう、女主人がとんでくるや否や、何やら罵声を浴びせながら私の背中を突いて、有無を言わせず外に押し出し手荒に戸を閉めたのであった。
 次のことを目撃したのはその直後であったろうか。陽和は近くの小学校の通学路に沿い、これに病院(と老健施設)の広い門の前を車の交通量が急に増えた狭い道が通ってT字なりに一緒になっている。
 昔なつかしい緑のおばさんが消えて久しいが、数年前からシルバー人材センターでリクルートされているのであろう屈強な男が2~3人(「学校」の小旗だけは昔と同じだ)出現し、「コラ道草食わずにサッサと歩く!」などの命令を遊びたい盛りの子ども達に下し始めた。今ではおばさんも混じるようになったが、しかしこの日、そのおばさんの位置が普段と全く違う。いつもは病院の垣根沿い、門に背を向ける感じだったのに、正に門に向かって正対し、明らかに油断なく人の出入りに目を配っているのだ。
 院内でも「住民感情の悪化」が流され、「社会防衛思想」の立場が内部の要路から揚言される世とは成り果ててはいた。しかしこれは一体何事であろうか。
 10.13殺人事件は多くのマスメディアの注目を潜り抜け、世上或いは忘れられもしていよう。だが院内の激変はさておき、何よりも近隣住民がこれに無知、無関心であろうとは、やはりあり得ないのであろう。
 皆さん、毎日の日常をちょっと見回して下さい。「テロ」「特別警戒」「不審者を見たら110番」盗撮カメラの放列などなど。治安国家化への圧倒的な急傾斜の中に私たちはいるのです。
 バスでは間断ないアナウンスの中で、かつての「不審者」には、今次の具体的定義が下されている。「・・・普段見かけない人や様子のおかしい人を見たら110番を!!」 以上

| | トラックバック (0)

診療報酬改定 精神科通院精神療法に時間制導入

編集部  木村朋子

 保険証や生活保護で医療にかかった時支払う費用を決める保険診療報酬基準は2年に一度改定されることになっていますが、今年がその改定の年に当たります。その審議の中で精神科外来通院時の通院精神療法について、現在、病院で3300円、診療所で3600円のところを、①診療所を下げる ②5分以上診察しないと算定できないようにする ③30分以上診察した場合はより高くする、などの改定の方向が示されたとのこと。これに対して精神科診療所協会などから大きな反対の声があがり、大阪では大阪精神障害者連絡会や大阪府精神障害者家族会連合会が厚生労働大臣や中央社会保険医療協議会(中医協)会長宛に緊急要望書を出しています。要望書をもった当事者が上京して、厚生労働省交渉をも行ったとのことです。
 大精連(ぼちぼちクラブ)の緊急要望書は次のように述べています。

・・・以下は、おりふれ通信2月号でお読みください。
ご購読のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で 
または FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ

| | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »