« 「退院支援施設」強行実施!? | トップページ | 障害をこえてつながろう6.21東京集会 »

もうガマンできない!3.24東京集会

東京地業研 内山智絵

前々号でご紹介したこの「3.24東京集会」は、おかげさまで会場の収容人数をはるかに超える、420人もの人たちが集まり大盛況だった。
 労働・多重債務・障害者・DV被害者など、9名の当事者が発言し、シンポジウム、そして最後に「貧困をもたらすあらゆる差別を撤廃することなどを国に求め、この集会を機に人間らしい生活と労働の保障を求めてさらに多くの人と連携と連帯をすすめていく」という集会宣言を採択した。
 わたしは仕事を続ける中で、精神障害に対する差別や偏見を肌で感じてきた。そして、精神障害と同じく正しく理解されていない存在と感じ、野宿者の支援とハンセン病の実態調査にも加わった。その時自分が思っているよりも、世の中は変わっていないのだということを思い知らされた。
  3.24東京集会の実行委員会には、様々な分野の人間が集まった。「差別・偏見・無知の根っこを断ち切るためにはいろんな分野がつながりあっていかなければ」という思いで集会をつくりあげてきた。
 絶対にこれで終わりにはしない。したくない。社会に「新しい根っこ」をはりめぐらせるため、もうひとふんばりしたいと思っている。
 精神障害者、とりわけ長期在院者の人たちに思いをめぐらせると、「労働」や「社会保障」という以前に、「まず隔離収容をやめよ」と叫ばなければならない。まずは今回出会った、他分野で活動する仲間たちに、そして多くの人たちに訴え続けなければならないと思っている。

以下、当事者として参加した石井さんの発言も合わせてお読みください。

石井真由美の当事者報告  
生きることは大変だけどー精神医療ユーザーの立場から

<精神病院への入院>
私がはじめて精神病院に入院したのは、10代の後半。拒食症がきっかけでした。
私にとって入院体験はサバイバルの一語につきました。精神病院では「患者の医療と保護のため」という理由で、さまざまな制限や規則があるのが普通のこととなっています。鍵のかかった閉鎖病棟。電話、手紙、外出、外泊の許可。煙草やジュースの制限や持ち物検査。私が入院した頃は、私たち患者が外へ出す手紙の検閲も当たり前にされていました。規則を破ると外出禁止、閉鎖病棟へ移されるなどのペナルティをくらいます。そこで医師が絶対の権力を持つ、ピラミッド構造のような力関係。
私は病気をなおすために入院させられたはずなのに、病院では安らぎもなく、休まらず、対人緊張、睡眠障害、ウツ、自殺未遂・・・と症状がどんどん増えていきました。

<生活保護を申請する>
こうして20代は入退院の繰り返し、30代はカウンセリングに通いながら1人暮らしも始めていた私が、生活保護にかかったのは9年くらい前のこと。父の仕事がなくなり、突然家からの援助を切られることになったので、ショック状態のままカウンセラーの勧めで、あまり考えたり準備も整えず、1人で生活援護課へ電話しました。「どこに住んでんの?」「いくつ?」「なんで働かないの?」という責めを帯びた男性職員の質問が次から次にきました。働かないのではなく、働けない。なぜ働けなくなったかをほんとうに聞きたいのなら、私は2時間かけても話し足りない。でもこの人はそんなことを聞きたいのではない。ものすごい拒絶を感じ、パニック状態になってしまいました。でも訳の分からないまま必死で応答しているうちに「診断書」をもっていることを話すと、明らかに職員の態度が変わりました。相談日の予約と手続きに持っていくものを聞くことができました。

<生活保護での暮らし、私の場合>
生活保護が決まっても、私はアディクション、摂食障害があるので、まず決められた生活費の中でやっていけるか、ほんとうに不安でした。ウツのせいか、旅行とかオシャレとか、興味はあってもエネルギーがかかることはあまりできないので、そのへんの生活レベルを落とすことには、当時、不安も不満も感じませんでしたが、とにかく過食がでると食費に莫大なお金がかかるので、もしそうなって生保のお金を使い果たしてしまったらどうなるのか。当時通っていたカウンセラーに聞いたら「それはしかたない。入院ね」と言われ、精神医療、精神病院入院生活によるPTSD(外傷体験後のストレス障害)がある私は、不安と恐怖に圧倒されました。そもそも私は入院すると過食がひどくなるのに。なのでそれからは強迫的に貯金をしよう、具合が悪くなった時のために、少しでも節約してお金を貯めようとしましたが、カウンセリング代がかかり、通帳の残高はいつもギリギリでした。

<担当者によって、大変さが全然違う!>
生保を受けてしばらくして、障害基礎年金を申請し、遡及分約500万円をもらったので、生保を打ち切って暮らした時期があります。打ち切る時、担当のワーカーさんは、お金がなくなれば私の場合生保に戻るのは簡単だし、また手伝ってくれると優しい言葉をかけてくれました。でも再度申請に行った時、もうその人はおらず、戻る時の方が私にとっては大変でした。担当者の態度によって、大変さが全然違う!

<生活保護で変わる治療の選択肢>
生保にかかってから数年で、長く続けてきたカウンセリングをやめました。カウンセリングは保険が効かず、お金がかかります。私は長く続けた上で限界も感じて、お金の問題だけでなくやめたのですが、必要な時はまたそこに自分の居場所はあるのだと信じていました。しかしそこは、私が生保になってから料金減免してもらっていた制度もなくなり、今後私が、どんなにそこでの相談やサポートが必要になっても、生保の生活費から料金を捻出するのは完全に無理になりました。そのころ主治医が亡くなり通院先も変えることになったのですが、仲間が「生活していくための相談にのってくれるちゃんとしたケースワーカーがいる診療所を選んだ方がいい」と勧めてくれました。生保になると治療の選択肢がせばまり、医療機関を選ぶ基準も変わるのだと思いました。

<恥と罪悪感>
私は10代から入退院を繰り返し、世の中のことにとても疎くなっていたのですが、生活保護を受けることはかなり恥なんだ、ということを知りました。しかも私は精神の病気が理由なので、烙印だらけになり、いろんな妄想にとらわれ始めました。
「私は恥だ」「私は生きる価値がない」「私は役立たずのお荷物だ」 でもこう考えることは、同じく生保にかかっている人達を恥だと巻き込むことになるので、こんな烙印に負けてはならないという考えも出てきて、余計頭の中はグチャグチャになり、何に対しても、誰に対しても、理不尽だと思いつつ、深い罪悪感にかられるようになりました。
今も感じているのは、生保を受ける権利があるのに、受けられない人達がたくさんいる、でも自分は受けているという罪悪感。この罪悪感は、精神病院の長期在院の仲間にも感じます。

<「自分のせい」を超え、つながること>
実際、私が生保で生活していることで、税金を払っている人達に不満をぶつけられたこともあります。健常者から言われた時は、ただただ冷や水を浴びせられた気がして、無言で固まることしかできませんでした。でも仲間から、「病院代が只で、交通費まで払ってもらえて、いいご身分ね」と言われた時は、複雑な気持ちになりました。その仲間もお金に苦労していたからです。それでも、やはり生保を受けていることで責め立てられれば、仲間に対しても怒りや憎しみが沸いてしまう。だけど、ここで争うことは、全く悲しすぎて馬鹿げたことだと思います。私たちは怒りや不満を出す方向を見失ってはならないのだと考え、この時、私は自分の権利をちゃんと知り、必要に応じて言葉にしたいと思いました。

すべてが自分のせいだ、自分が悪いと思いこむと、余計な責任をとることになり、ちゃんとまわりの状況が見えなくなります。余分な責任とりはしないで、前向きに生きていきたい。生き抜くためにつながらないと、と思います。ひとりぼっちでなく、いっぱいいれば心強いし、しぶとく生きている人の姿を見ることで力をもらえる。つながることで自分の力になってもらえるかもしれないし、自分が力になれるかもしれない。もし、自分の問題以外のものがあれば、それらに対しては、その問題を起こしている人や場に、その責任をお返ししようと思います。
今日、皆さんのお話を聴いて、それらを見極め、自分に何ができるか考えたいと思います。

|

« 「退院支援施設」強行実施!? | トップページ | 障害をこえてつながろう6.21東京集会 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/15023666

この記事へのトラックバック一覧です: もうガマンできない!3.24東京集会:

» 3.24の東京集会、ありがとうございました! [ごったに。-いろんなあなたで生きていこう-]
--------------------------------------------------------------- 昨日の集会も大盛況でした。 私は保育担当でしたが、保育室のモニターで何度か胸が詰まり、涙が出ました。 Iさん、Yさん、Sさん、 私はあなたたちの勇気を誇りに思うよ。 「貧困」の問題は、本当に難しい。 コメントをくださった方がいらしたように、最低所得保障制度。そういうものが必要なのだろうなぁとは思います。 しかし私は本当に恥ずかしいくらい不勉強なのでよくわか... [続きを読む]

受信: 2007.05.13 10:46 午後

« 「退院支援施設」強行実施!? | トップページ | 障害をこえてつながろう6.21東京集会 »