« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

不当な等級変更には異議を!

作業所職員 細江昌憲

精神障害者福祉手帳(以下手帳)の等級が2級から3級になったことを不服として昨年東京都に在住にAさん(40代男性)が東京都に異議申し立てをした。だが、東京はこの訴えを棄却。都の言い分は「退院後、外来通院していること」を根拠に、症状が改善の方向に向かっているという推測。だが判断は客観的な事実に基づく現状を基準とするべきだ。
そこで現状をみると、Aさんには症状が改善したという自覚がなく、未だ日常生活にも支障をきたしていること、主治医の診断書も前回と変わらないこと、また手帳の等級判定基準は改定されていないことから現状維持が妥当である。
さらに問題なのはAさんは生活保護を受給しているため、手帳の等級が3級になることは障害者加算のカットも意味する。
私が知る限り他にも生活保護を受給されている方で、等級が2級から3級になった男性がいる。この由々しき事態は東京のみならず、全国各地で報告されている。
「自立を促す」といったもっともらしい文句を掲げ、そのくせ予算の削減の方向で行われていることは明白だ。こうした中生活保護の抑制が福祉事務所の雰囲気として浸透しているのではないかと勘ぐりたくなる。不当と感じる等級の変更には「異議申し立て」をするなど、声をあげなければ何も変わらない。なんだかよくわからない理由でサービスが削減されることを見過ごしている道理はないだろう。

 皆さんの地域ではどうでしょうか?ひとりで悩んでいないで皆で共有して一丸となって解決していきましょう。
 全文はおりふれ通信4月号でお読み下さい。ご購読連絡先:FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-401 おりふれの会

| | トラックバック (0)

障害者権利条約を良く知って使いこなそう

東京都地域精神医療業務研究会

 昨年12月に国連で採択された『国連・障害者権利条約』について勉強会をもちます。
 10年かかると言われた条約がその半分くらいの期間で制定まで漕ぎつけられた背景には当事者団体やすでに差別禁止法を持っている国々の頑張りがありました。
 日本も条約の制定過程では活躍しましたが、国内に多くの矛盾を抱えています。まだまだ行政も一般社会も障害者をめぐる課題を福祉の問題として捉え「権利の問題」と考えていません。条約を“絵に描いた餅”にしないためには内容を知り、条文を一人ひとりの思いを実現する梃子にしていくことが必要です。講師の金ジョンオクさんはDPI権利擁護センター所長として条約作成に最初から関わり、国連でも活躍されました。
 条約をよく知って使いこなすために、ぜひご参加下さい。

日時:2007年4月23日(月)
   午後7時から9時
場所:立川市女性総合センターアイム
   第3学習室(立川駅北口徒歩5分)
立川市曙町2-36-2 ℡042(528)6801

東京都地域精神医療業務研究会
連絡先tel(留守)/fax 042(524)7566

| | トラックバック (0)

「退院支援施設」を「精神病院統計」の点数から検討する

東京都地域精神医療業務研究会

現在「退院支援施設」が問題となっているが、提案されている制度が本当に「社会的入院の解消」に役立つのかどうかを、東京都の「精神病院統計」の点数*から考察してみた。
*仮に「退院支援施設」制度が導入された場合、制度を利用すると考えられる精神療養1の病棟がある単科病院のみを対象とした。

1.精神科病院の2極化が顕著
病院が入院した人をすみやかに治療し、退院させているかどうかを回転率、家・施設退院率、デイケア利用者数で見ると、回転率が高い病院は他の項目の点数(人数)も高く、回転率の低い病院は他の点数も低い傾向が顕著である。

【回転率180%以上の病院】 デイケア
 順位  回転率 家・施設退院率  利用数
  1   304   89       709
  2   270   90 4126
3 221 76 483
4 213 83 741
5 191 92 3112
  6 188 87 1442
7 181 92 1079

【回転率70%未満の病院】
(老健法入院患者数が3割超の病院を除く)
  1 24 50 0
2 46 44 0
3 56 80 179
4 56 75 232
5 61 25 151
6 63 70 0
さらに、回転率の高い病院は訪問調査においても、地域社会との交流があり、病院生活のアメニティが高く、患者の人権が尊重されており、退院に向けての具体的な努力(グループホームの見学、地域の社会資源との連携、当事者団体の定期訪問の受入れ、外出、外泊の支援)や体制の整備(コメディカルが多く、チーム医療が良く機能している)がなされていた。
(注)『東京精神病院事情』1998→2003の各病院の「■退院への取り組み」の項を参照

2.回転率の高い病院は「退院支援施設」を必要としているか
回転率の高い病院で病院敷地内にグループホーム的な施設を設けている精神病院はほとんどない。敷地外に生活訓練施設や授産施設、地域生活体験室を設けている病院もあったが、医療法人が社会福祉施設を運営する問題点を考慮しており、現在提案されている「退院支援施設」のようなあり方を肯定するものではない。
回転率の高い病院は、様々な退院への取り組みを総合的に実施しているが、ハード(建物の改変等)に依存した試みはほとんどなく、むしろ患者さんへのマン・ツー・マンの取り組みやミーティングなどにより病院全体の意識付けを行うなど、ソフト面での取り組みが際立っている。

3.回転率の低い病院は「退院支援施設」制度の導入により退院を促進できるか
回転率の低い病院に「退院への取り組み」を聞いても、何も具体的に行われていないところがほとんどで、なかには「患者には退院して地域で暮らす権利がある。それは当然のこと」と認識していない病院もあった。
このような病院が「退院支援施設」を設けたとしても、社会的入院患者が減少するとは到底考えられず、本来の目的からいえば貴重な税金を「ドブに捨てる」結果になろう。

4.「努力する病院」を無視し、「税金に依存する病院」を優遇する危険性
「退院支援施設」の制度がなくても、意識のある病院は活発な退院促進への取り組みを行っており、その結果として病院全体の回転率は上昇している。現在、病院や地域で行われている優れた退院促進への取り組みを調査したり、評価することなく、手を上げる病院にハード偏重の財政補助を行うことは、病院関係者や一般市民に誤ったメッセージを伝えることにならないだろうか。
現在、優れた実践をしている病院や組織は「退院支援施設」に見向きもしないであろうし、財政補助なら何でも欲しいところは「退院支援施設」なる名称の施設ができても、患者の地域生活実現にはつながらず、病院敷地内で病棟と施設の間を往き来するだけになるだろう。 以上
東京精神病院事情ホームページ
 http://www.arinomama.net

| | トラックバック (0)

東京精神病院事情2005年版 飯沼病院訪問調査

東京精神医療人権センター・東京地業研

2006年7月、東京地業研の留守電に飯沼病院の事務方から吹き込みがありました。東京地業研の飯田が電話すると、「『東京精神病院事情』のホームページhttp://www.arinomama.netを見たが、飯沼病院が16点という評価は納得できない。どんな基準で点数をつけているのか説明に来てほしい」ということでした。飯田は「本を読んでいただけば基準についての説明もあるのでまず本を読んでください。お手元にないなら送ります。本を読んでいただいたうえで、必要ならば病院に調査にうかがうか、話し合いが必要であれば病院の外でお会いします」と伝え、本を郵送しました。12月終わりに「訪問調査に協力します」との連絡が事務長からあり、去る2月21日、他の病院から2~3年遅れて34番目の訪問調査実施となりました。結果のあらましは以下のとおり。本の『東京精神病院事情2005年版』に追加することは今からでは無理ですが、ホームページには本と同じ内容を全文掲載します。


│飯沼病院 (個人)
│板橋区常盤台2-33-15 TEL03-3960-0091 FAX03-3960-0019
│設立年:1946年   精神病床数:373床(総病床数426床)
│開放病棟:4棟197床 閉鎖病棟:3棟176床 専門病棟:老人精神病棟1棟67床 デイケア実施

*立地条件 
 東武東上線ときわ台駅北口徒歩7分。駅前商店街を過ぎ、住宅街の中にある。

*建物と病院内の環境
 道路から4階建ての病棟がみえるが、古い鉄格子に囲まれた一見して精神病院と分かる建物である。玄関を入ると受付と外来待合室。待合室には木目の机や椅子が置かれ、診察を待つ人達の姿があった。病院全体が古くて狭い。事務長の話によると改築を考えているとのことだが具体的なものとはなっていない様子であった。
 デイルームの片隅に細長い洗面台があるが古く、汚い。デイルームは、病棟入院者全員が集まることはとてもできない狭さである。花などが飾られ、少しでも居心地の良い環境にしたい
という努力は感じられた。    
 トイレは、男性用は中央部分のみ隠れるドア、女性用は、同じドアの下の部分に板を張って下も隠れるようになっている。トイレの鍵は、閉鎖病棟では、外からも開けられるタイプ、開放病棟では、中からしか開けられないタイプであった。換気扇の効果があまりなくどの病棟もトイレの匂いが漂っていた。
 面会は、主にベッドサイドか廊下の片隅、デイルームでということであった。訪問中にも家族の方が面会に来ている姿があった。
 病室は、各病棟とも半分は、畳部屋で一室8~9名が定員。開放病棟には、一室14人定員のベッド部屋も一室あった。ベッド間のカーテンはなく、鍵付きロッカーもない。(見学しなかったうつ病の方達中心の病棟にはベッド間にカーテンがあるということだった。)
 保護室は、全6室。男子閉鎖病棟でも年間数回で、ほとんど使用していないという。ナースステーションからは離れた場所に、扉を開けると二部屋並んであった。ベッド、ベッドなしの両方、トイレは囲いが全くなく、和式で穴が開いている感じ。ポータブルトイレが置いてある部屋もあった。トイレの水は部屋の外から流す。ドアの下の方には小窓があった。  

*スタッフ  
 都内単科精神病院の平均から見ると看護者数は平均よりもやや多いものの 医師、特にコメディカルは数が少ない。医師は、担当医制をとっており、医師が病棟を回るスタイル。コメディカルは、全員PSWであるが、一名がデイケア担当、三名が担当制で入院患者を受け持っている。看護は、二交代制、病棟内で作業療法も担い(作業療法士はいない)、熱心に入院者の方達と接している姿があった。

*入院者の状況
2005年6月末の統計から見ると回転率96%と、都内単科精神病院の同時期の平均129%と比べ低いが、2003年から見ると退院する人は増えている。統合失調症で入院している人190名53.2%は、やや少なめ。生活保護法での入院者218名61%は、都内第二番目の多さである。老人精神病棟の入退院が病院内では一番多いということだが老人保健法の入院者の回転率は106%。
現金については事務所に預けるのが原則。(管理費一日120円)自分で管理出来る人には週3000~6000円を渡すというが数は多くはなさそうだった。各病棟に飲み物の自動販売機が設置されていたが一日2本限定、自販機利用のために看護者に現金をもらう人が多数いる。タバコは、院内全館禁煙を目指して2年程前から学習会等を開き、現在病棟により異なるが一日2~3本に制限している。
院内に「カサブランカ」という入院者が働く喫茶店が、毎週水曜日に開かれている。一日120人の利用者があるとのことで、ここでのコーヒーとケーキが入院者の唯一の楽しみのように見えた。
 デイルームが狭いためか、ベッドに座っている人が目についた。    

<訪問した私たちのコメント>
 「東京精神病院事情1998→2003」(2005年版)は、2003年6月の精神病院統計をもとにして各病院の点数を出している。その結果が16点だった。病院側から最新のデータを用いてほしいと言われたので、私たちが入手できた最新のデータ(2005年6月)をもとに点数を計算してみたところ19点であった。都内単科精神病院の平均が24点であるから平均点以下の病院ということになる。16点が納得できないということであったが今度は、他病院との比較も含めて納得していただけただろうか。
 病院の周りが再開発の中で新興の住宅街に変貌している。その中でこの病院だけが時代に取り残されてしまった感は否めない。外からも目立つ鉄格子、内側では、看護の工夫はあるもののそれだけではとても追いつかない病室の狭さ、プライバシーが守れない環境、古い洗面所やトイレ等々。外来待合室は、それなりの工夫があり居心地が良かったので病棟にもこれぐらいの工夫をしてほしい。
訪問の最後に院長より「ときわ台駅前にカフェレストランを開いた。意図は、患者さん達が社会復帰していくのに作業所でままごとのような作業をしていたのではダメ。ちゃんとした仕事をしてもらうため。でもやってみたら洒落すぎていたのか患者さん達が仕事をするのは無理だった。でもぜひ寄っていって下さい。」と言われ帰りがけそのカフェレストランに入った。今見てきたばかりの病棟との落差にしばし唖然とした。ちゃんとした仕事をということはそのとおりと思うがその前に病院内でやるべきことが山積みと思った。例えば、入院中の方達が唯一の楽しみとしているらしい院内の喫茶店「カサブランカ」を考えてみても閉鎖の老人精神病棟の中にあり鍵を開け閉めして入る狭い空間に過ぎない。病棟から離れた鍵のかからない場所にもっと広い空間を確保できないものだろうか。

| | トラックバック (0)

投稿 パンフ・イタリア保安処分体験者の手記発行

全国「精神病」者集団  山本 眞里

 昨年12月国連総会で障害者権利条約が採択された。
12条の2 締約国はすべての人生の分野において他の者と平等に法的能力を享受する権利を障害者に認めなければならない。
この主張の中心となった世界精神医療ユーザーサバイバーネットワーク(WNUSP)は活動の中で一人のイタリア保安処分対象者の証言を邦訳したもの。
 イタリアトリエステ、バザーリア法、精神科病院の解体、といった宣伝が日本に伝えられていますが、保安処分対象者自身の声は本邦初の報告ではないでしょうか。
 再弾圧再拘禁を許さない人権擁護システムと救援活動が求められています。
 医療観察法対象者のみならずすべての「精神病」者が人権主張できる体制作りこそ私たちの闘いの目的だと考えます。

「イタリア保安処分体験者の手記」
訳 たま・桐原尚之
=障害者人権条約策定のためのWNUSPロビーイング資料より抜粋
全国「精神病」者集団発行
A4判 16ページ 200円(送料80円)
ご注文は以下まで
nrk38816@nifty.com
tel 080-1036-3685(土日以外午後1時~4時) fax 03-3738-8815
住所:〒164-0011 東京都中野区中央2―39―3
絆社気付 全国「精神病」者集団

| | トラックバック (0)

自立支援法施行下の病院・施設「諸国漫憂記」

曙 好男

 私は大学の仕事で様々な地域の病院・施設を訪れる機会を得ました。訪問した施設・病院は13ヶ所、訪れた地域は9つ。
バスを1本逃すと1時間後にしかこない、しかもそのバス停から歩いて20分かかる場所にある通所施設では職員が駅まで送迎をおこなうか、利用者は車で通うのが通例となっていました。「職員が少ない上に、膨大な事務作業を強いられ、現状維持が精一杯。さらに人を集めるまでのエネルギーはない」とある施設長は嘆いていました。今後の生き残り策としては他団体との合併を考えているそうです。そういえば最近にわかに長期在院者の「地域移行支援」がブームになっているようですが、自分たちが運営する通所施設の近くに住わせ、そこから通ってもらうという流れが当たり前になるのでしょうか?
また、自治体の理解度によっても施設のあり方は違っていました。最初からわかっていたことだし東京でも似たような話を聞いていたので驚きはなかったのですが、行く先々でこうも違う対応だと国はどこまで責任を取るんだろうなと考えてしまいました。
この状況を何とか切り抜けようと各々の現場職員は格闘していましたが、「元気のなさ」には共通なものを感じました。少ない予算を更に削られ事務量は膨大に増える。すぐ隣の自治体とはこんなにも扱いがちがう。頼るべき行政の人間にも分からないことだらけ。先駆的なところほど何の評価もされず、いったい誰が幸せになる法律なんだ!私情を交えて大まかにまとめるとこんな感じでした。
それから気になった点をもうひとつ。それは利用者と家族に向けた状況説明のあり方です。ある施設では利用者と職員が情報を共有し、懸命に乗り越えようとしており、ある施設では利用者が混乱するので、報告はなるべく簡潔に行うとの方針を取っていました。施設によって事情は異なるので一概には言えないけれど、一番情報を持っていなければならないのは、利用者とその家族であるべきで、当事者への情報提供の方法にこそ工夫が必要なのかなと思いました。
多くの行政の利用者への周知があまりにも乱暴であることも合わせて考えると、利用者との関係性が濃い民間団体のあり方が少し見えてきました。この法律はもっと前向きに自分達の活動を捉えなおしなさいということなのだと。
最後に。
病院職員は地域の施設職員の中に入っていって、違う視点からスーパービジョン的にこの混乱状況を共有してみてはいかがでしょう?皆さんはどうお考えですか?

 曙さんが地方でいろんな施設を見ることにより感じたことは、私たちが普段感じていることと同じですね。皆様の地域で工夫されていることはありますか?自治体に申し入れをして改善されたことはありますか?小さなことでもかまいませんので情報があればおりふれまでお寄せください。
 全文はおりふれ通信4月号でお読み下さい。ご購読連絡先:FAX042-524-7566、立川市錦町1-5-1-401 おりふれの会

| | トラックバック (0)

「もうガマンできない!広がる貧困 ~人間らしい生活と労働の保障を求める3.24東京集会」のご案内

東京都地域精神医療業務研究会  内山 智絵

 昨年10月13日「SOS(Save Our Saftynet))緊急集会」が開催されたことは、本誌の昨年9月号でも報告されました。
 120名もの参加があり、フロアーからは当事者の切なる思いをこめた発言がありました。これらの声が、どれだけ届いたのでしょうか。そして本当に届けたい人にはきちんと届いたのでしょうか・・・。
 生活保護法においては老齢加算の切り捨て、母子加算の切り下げ等々の問題があります。自立支援法においては、経済的にも精神的にも追いつめられ苦しめられている状況があります。さらに、DV被害者、非正規雇用・・・それぞれの分野でも同様の大きな問題が山積し、自分の努力だけでは何ともできずに苦しんでいる人がたくさんいます。
 これらの問題は、ほんの一部の人たちの問題なのでしょうか?
 これらの問題は、それぞれ個人の責任の問題なのでしょうか?
 現在の日本社会には、確実に<貧困>が広がっています。人間らしい生活を送れなくなるまでに追い詰められた人々が増えています。その、追いつめられた人々が分断されないよう、これらの問題を共にわかちあい、共に声をあげ、闘う時期にきているのだと思います。
 いつのまになってしまったのか、底なし沼のようなこの世の中に、不安を感じているのはけっして一部の人間だけではありません。他人事ではないのです。
 これらの問題は、すべての人に共通する大きな問題なのだということを、声を大にして叫びたい。日本という国の中で生きている、我々すべてが危機にさらされているのだということをもっともっと多くの人に知ってもらいたい。
 支えの失われつつある現在の社会、このままいったら我々の暮らしはいったいどうなってしまうのか。すべての人が人間として尊重され、安心して暮らしていける社会を一緒につくりあげていかなければならないと心の底から感じています。
ぜひ、みなさん、つながっていきましょう。 3.24東京集会に来て下さい!

●3.24(土)13:30~16:30
○東京ウィメンズプラザホール
 渋谷区神宮前5-53-67
●当事者の実態報告とシンポジウム
○資料代500円 ●先着250名まで
●問い合せTEL048-862-0246、FAX03-3401-3453

| | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »