« 2006年1月 | トップページ | 2006年4月 »

障害者自立支援法について加藤みどりさんに聴く

編集部 木村朋子

 加藤みどりさんは、東京都立川市で24時間介護を受けて独り暮らしをされている、全盲、四肢体幹機能不全による車椅子利用の女性です。以前「おりふれ」のインタビューに応えて下さり、2003年12月号に迫力の語り、半生記を掲載しました(今回ホームページhttp://orifure-net.cocolog-nifty.com/ にもさかのぼって載せました)。今回、自立支援法(とその時代)をどう見るかの私たちの足場をはっきりさせていくためにも、お話を聞きに再びお宅をたずねました。

 まず、私たちが20歳代から30年かけて勝ち取ってきた介護保障が、自立支援法では上から与えられるものになり、内容も地域差をなくし全国一律という名の下に薄っぺらくされようとしているという言葉が強く印象に残りました。
 20代の時、施設を出て地域で生きていくために、必死で介護ボランティアを集めた。ボランティアが来ないとトイレにも行けず、ベッドにも移れなくて一晩中車椅子に座って明かしたこともある。「全国公的介護保障要求者組合」で生活保護の他人介護加算を勝ち取り、最初は1日4時間分にしかならなかったのを徐々に増額させ、ようやく立川で24時間介護の生活となり、だからと言ってその後も決して安泰ではなく、2003年1月の介護派遣時間上限撤廃闘争など、闘い続けて今の生活をつくってきている。それを、「国家予算がない」「全国平等に」という自立支援法では、毎月の介護時間の上限が125時間とか言われている。私は700時間ないと生きていけない。厚生労働省交渉で出てくる若い官僚は、今までの歴史、経緯も知らないし、重度障害者の生活も知らない。積み重ねてきたものが無効化され、また振り出しに戻るよう。もう一度30年前と同じようにやれと言われても、とても当時のエネルギーはない・・・
 「あなたが外へ出ることは社会の迷惑だし、あなた自身がみじめになることだ」と反対されて、でも施設から出た加藤さんのその後の人生は、施設長のこの言葉が真実ではない!と身を以て証明してきたものだと思います。支え合って地域で生きるということの意味を、最近では高校などに呼ばれて話しに行くとのこと。生徒の行儀のいい整然とした学校でも、ゴミが散らかり先生が注意してもすぐには聞かず授業中私語、出入りの多い学校でも、話せばちゃんと生徒個々の感想が返ってくる、そういうことを反映させる自立支援法でなければ、というのが加藤さんの思いです。
 地域で暮らして、いろんな人とつきあって、分かり合う場が増えなければ、自立も支援もない。自立支援法ではこれまでの移動介助がなくなり、重度訪問介護の中でやりくりするようになるので、時間数も減って単価も下がる。私みたいな重度の人は社会参加、余暇活動はできなくなる。障害者のくせに、障害者だから我慢してと、過去言われ続けてきたが、障害者は一歩下がって当たり前というのは絶対おかしい。目の見えない人が1人で移動出来ること、そのように訓練することが良しとされるが、隣で寄り添ってくれる人がいれば安心して、今まで気づかなかったことに気づいたり別の豊かさが生まれるかもしれない、と加藤さんは言われますが、それは隣で寄り添う人にとっても同様のことでしょう。

 精神障害の長期入院の人が退院して地域に帰ってくるのも、数値目標をあげてこの法で推進出来るように言われてはいるものの、ますます難しくなるのではないかということも危惧しておられました。長期の施設入所者が社会に出る時と同様、多様できめ細かなサポートがいるし、地域の人とつながっていくことがなければそれはできない。しかし生活支援センターの機能は縮小されるようだし、通所の場も「就労」一辺倒(就労にしても、これだけ言うからには、やる気はあるが波がある・疲れやすく休憩時間が小刻みにたくさん必要など、今まで働けないと言われてきた人に、多様・多種類の働き方が保障されてしかるべきと思いますが)。

 加藤さんは、「立川市在宅障害者の保障を考える会」のメンバーとして、立川市とも話し合い、要求を続けています。立川市について、これまで頑張ってきたと思うし、進んだ制度をもつモデル地域は必要と思う。しかし今回の自立支援法で、全国一律のかけ声の下、他は1日20時間でやれているのだから24時間は必要ないのじゃないかと考えるとしたら大間違い、と先進的に取り組んできた自治体の後退も危惧されています。障害程度とサービスの必要度を認定する審査会に、委員として障害の当事者を入れるべきという要望にも、「検討中」ということで回答を延期され、その期日にたずねると、「実はもう決まっていた。これから当事者を入れるのは無理」と、不誠実な態度に憤っておられました。一方さまざまな障害者団体が集まり自立支援法について問題提起のイベントを行うとともに、立川市に要求することを出し合って近く市長に手渡す予定とのこと。今の危機的状況に、障害者が一体となって取り組んでいかなければ、というのが加藤さんの強い思いでした。
太字部分が加藤さんのお話です)

| | トラックバック (0)

12月号の小林信子さんの文章への感想

山本真理

 おりふれ通信12月号に以下の小林さんの文章が掲載されていた。
 ・・・返事が否だったことは意外で戸惑った。「いろいろお世話になって申し訳ないですが、読む人が読めばわかるから・・・」ということだった。いまだに、拒否の理由は飲み込めていない。「おりふれ通信」などの説明をし、一応の説得の後、諦めた。
 
 取り上げられた例の詳細はもちろん私はまったく知らないが、私がむしろのみ込めないのは、「読む人が読めばわかるから」ということをなぜもっともな理由として小林さんが飲み込めないのか、である。
 精神保健福祉体制の利用者として生きるとき、ものをいえば、どれだけの弾圧を受けるか、その事実を小林さんはご存じないのだろうか。すでにおりふれ通信にも掲載していただいたが、精神病院や施設内だけではなく、地域ではもの言う利用者は徹底的に弾圧される。入院予定を告げてさえ、朝9時にアポなし訪問という殺人行為とすら言える弾圧を受けるのが実態だ。
 あるいは患者会に所属しているというのは行政に知れたとたん手のひらを返したように、さまざまな嫌がらせを受けることも各地である。
 活動家でないにしろ、何らかの「もの言う利用者」が疎まれ、嫌がられるのはいやというほど聞かされている。私が生きている社会と小林さんは違う社会に生きているのだろうか。
 もの言えない状況をどう共に打ち破ってくか、という姿勢、そしてそれに向けた取り組みこそが求められているのであり、もの言わない利用者を非難することはあってはならないと私は考える。
 今もの言いたい利用者はいくらでもいるし、もの言う利用者もいくらでもいる、そうした利用者を支える活動こそまず求められているのではないだろうか。そしてさらにもの言えない言いにくい利用者にものをいえる体制を作っていくこと、権利主張を支える体制・取り組みこそ求められている。出る釘は打たれる、という日本社会の悪弊をまず打ち破るべきではなかろうか。

| | トラックバック (0)

Mad & Proud ーニュージーランドからー

総持真子

ダスキンの広げよう愛の輪運動基金のサポ-トを受け、ニュ-ジ-ランドに留学して1ヶ月が過ぎた。テ-マは、精神障害者のエンパワ-メント。精神障害者の社会的な自覚、能力、自信を高めるための学びやその実現、持っている力を社会に還元することを目指して研修を進めている。

ここは、「人種のるつぼ」と呼ばれているニュ-ジ-ランド最大の都市、オークランド。その中心部より少し離れたところにある、マインド&ボディコンサルタント社に、今私はいる。

ここでの業務内容は多岐に渡っていて、ピアサポ-トやトレ-ニングなどのサ-ビスを提供する一方で、調査、サ-ビスの開発、保健局のサ-ビスや保健省管轄機関に対するアドバイス、学校機関や精神保健従事者に対するレクチャ-、PSWのためのトレ-ニングなどのコンサルタント業務を行っている。

スタッフは、総勢19名。ニュ-ジ-ランド人、カナダ人、イギリス人、インド人、ロシア人、南アフリカ人、マレ-系中国人、アイルランド人、アジア・ヨ-ロッパ系のハ-フ、マオリ族と多種多様な顔ぶれがそろう。

虫の音が鳴り響く昼間、マネ-ジャ-とコンシュ-マ-アドバイザ-が、日の当たるテラスで、椅子に座って、何やら楽しそうに話をしている。そこに、アシスタントマネ-ジャ-が、仕事の話を持ってやって来た。どうやら、コンシュ-マ-アドバイザ-の作り話を、アシスタントマネ-ジャ-が盛り上げているようだ。真面目なマネ-ジャ-は、いつもこの2人にはめられるらしい。

表玄関では、かつて放牧で一役かった老犬リパが、気持ちよさそうに昼寝をしている。ミ-ティングスペ-スでは、ピアサポ-トワ-カ-が、パンを片手に、スケジュ-ル帳を広げ、資料に目を通している。奥の部屋では、別のスタッフが、コンピュ-タ-に向かって運営管理の仕事をしている。今、オフィスにいるのは、この5人だけだが、病院や、精神保健に関する施設や団体、地域のどこかに出向いて、それぞれが自己管理の下、責任を持って仕事をしている。

マネ-ジャ-が、「うちは、逆差別をしている」と誇らしげに言うように、ここで働いている人は皆、精神病の経験がある人達だ。ここでは、病気を体験し、それを克服したことが、価値ある必須の資格の一つとして、認められる。それぞれが、自分の体験を十分に生かし、得意な分野を通じてチ-ムに貢献している。

みんな、自分の体験を一つの経験として誇りに思い、自分らしく生きている。

| | トラックバック (0)

中国のある精神病院“事情”

 日本の大学院で法律を学んでいる中国からの留学生が、日本の精神医療に関する法制度にとても関心を持っています。人権センターの活動などにも興味をもってくれるその方が、故国の保安病院や精神病院を訪ねる機会をもちました。そして、「おりふれ通信」に見学記の投稿をお願いして実現しました。中国の政治的状況から訪問した病院名を伏せてありますが、ご了承ください。(編集部)

XX省立xx医院精神科(2005年秋)
司馬 両々

その日の朝は雨。Xx市中心部にあるxx医院の前は賑やかだった。ここは市立の二次総合病院である(三次は一番レベルが高い。)
他の診療科はすべて患者が並んでいたが、精神科の前は空いていた。友達の知り合いの40代の若い精神科医が応対してくれた。

入院方式 本院はほとんど民事入院である。
入院期間 中国全国の平均入院期間は69日と大体同じレベルである。
患者数 精神病床は55が一看護単位で、3単位165床ある
保険 保険は適用されている。患者は自己負担20%である。毎月4000―5000元の費用がかかる。(それはかなり大きい出費である。)

投薬方針 基本的には単剤投薬。アメリカの精神科医療方針に従っている。やむを得ない場合は多種類の向精神薬を投与することもある。

薬物拒否問題 薬物拒否をする患者はかなりいるようである。向精神薬の副作用が出現してから、服薬停止の例が多いようである。この精神科医を訪問していた間に、一人の若い女性患者が受診にきた。自分の症状・薬物に対する知識はかなり持っていて、副作用・薬の金額などの問題について
医者と相談することができていた。このような患者に投薬を拒否されるともう仕方がないと医者が言っていた。
民事入院の病院なので、医者は薬物拒否をする患者に対しての態度はかなり消極的である。でも薬を飲まないと発症されて、そして入退院を繰り返している患者はかなり多いという。それは精神医療の現状のひとつとして認められているようである。

鑑定業務 本院は司法・行政機関から依頼される鑑定を受けつけている。たとえば、責任能力鑑定、訴訟能力鑑定、刑の執行能力鑑定など。応対してくれたその精神科医の話によると、鑑定時間は2-3時間である。かなり簡易な鑑定かなと一瞬思った。民間人の依頼は受け付けていない。

 私見 これは中国精神科病院の一側面である。本病院は中国全体のうちでどんなレベルであるのかよくわからないが、精神鑑定の現状についてはかなり心配である。
 それと同時に、地域社会の精神保健状況はかなり貧弱である。精神病院から地域に復帰して次の事件を起こす前に、何もケアされないのというのが現状である。

| | トラックバック (0)

<個人情報保護法施行以後の通信面会の自由>

半田佳世子

 昨年、都内の同じ区にある2ヶ所の精神病院に、作業所メンバーがそれぞれ入院し、連絡をとったところ、これまでは考えられなかった対応をされ、それからずっと疑問を感じています。
 T病院では、家族以外は面会も電話の取次ぎもできないと言われ、理由を聞くと、個人情報保護法に抵触するからと言われました。本人が通っていた作業所のスタッフです、とこちらの身分を明かしてもダメでした。
 N病院でも、家族以外はダメと言われましたが、作業所のスタッフだと言うと、本人の生年月日を聞かれ、それを告げると、本人のいる病棟に電話をまわしてくれ、本人と話すことができました。
 通信面会の自由は、精神障害者の基本的人権であり、T病院でもせめて、本人に電話に出る
かどうか確認してほしかったと思います。
 通信面会の自由は、当事者やPSW等関係者が数十年にわたる努力の末にようやく獲得されたものです。T病院やN病院にはPSWも多数で、精神医療の分野でこれまで多くの実績を積んでこられただけに残念です。最近のPSWが病院のスタッフとどのようにチームを組んでいるのか、精神障害者の基本的人権が、どのように保障されているかについて、これまでの実績を踏まえて敏感であって欲しいと思います

| | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年4月 »