« 連載最終回「当事者職員」として働いてみて‥その後 | トップページ | 新春の松島を論じて瑞巌寺庫裡に及ぶ »

2005年12月号編集後記

 今年は、「東京精神病院事情2005年版」を発刊した。私達は、医療側に情報開示を求めてきた。まだまだ途上だが、意識としては業界にもかなり浸透してきている。では振り返って、ユーザーやその家族はどうだろうか?「社会の偏見」を盾にして、殻に閉じこもってはいないだろうか。つい最近、こういう例に遭遇した。
 「センター」が電話相談から関わり、訪問、関係機関への連絡等を通して一定の解決に至った事例がある。地域で家族が慢性期の患者を支えて生活することが、現状の医療やケアサービスのあり方では、如何に難しいかということを記事にしようと思った。相談者である家族に、居住地や個人などが特定できないようにし、地域医療やケアの問題点や難しさに焦点を当てた記事を書くから了承してくださいと気軽に連絡をした。その人は、いろいろな社会資源の利用の仕方や行政への働きかけにも積極的で、何よりも「センター」に相談を寄せるぐらい活動的な人だったから、返事が否だったことは意外で戸惑った。「いろいろお世話になって申し訳ないですが、読む人が読めばわかるから・・・」ということだった。いまだに、拒否の理由は飲み込めていない。「おりふれ通信」などの説明をし、一応の説得の後、諦めた。
 一般社会は精神医療、特に精神障害者やその家族のことなど本当に知らないのだ。知らなければ人々は理解も出来ず、この分野のよき理解者は生まれない。社会の差別・偏見があることは現実だが、その被害者意識だけをいつまでも叫んでいても現状は良くなっていかない。ユーザーやそれを支える家族の不安、辛さそして小さな喜びなど、まず信頼できる大・小メディアを通してどんどん知ってもらう機会を作っていくべきだと思う。ある研究で精神障害者における自己差別を取り上げていたが、そういう実情にも向き合う時期に来ていると思う。2006年は、ユーザーも家族も、もっと社会に“情報公開”をして、自分達を知ってもらう年にして行きましょうよ!    小林信子

 全人類史の努力の至高の達成の凡て(それは「種としての人間の自己規定」に他ならぬ)が、今、マモンの神のギラギラした輝きによって次々にその光を失い、影の如く、そして永遠に消え去ってゆく光景の目撃者となるの憂に際会せざるを得ぬこの「現代」にまで不思議にも生を保つことになろうとは・・・
 「現代」、それは真実への虚偽の公然たる嘲笑、勝ち誇る野蛮と不寛容、精神的価値へのシニスム、己れの無知に対する無恥な開き直り、etc,etc,etc
 もとよりこのペシミスムを以て私の総てとするのもまた甚だしく己れを偽ることになる。人類の未来の予定調和に何故かこの期に及んでなお盲従しているのもこの私なのだ。
◇訂正 本紙10月号拙稿 7頁左中段やや下「私達」→「私」    岡本省三

 今年もあっという間に1年が終わろうとしている。あまりにいろんなことがありすぎて、春先の出来事など忘れる勢いだ。幼い子どもが犠牲になる事件なんかは何を信じたらいいのかわからなくなってくる。病院の中にも防犯カメラを設置する時代だ。安心して住める所はもうないのだろうか。          佐藤朝子

 今年は久しぶりに編集委員に復帰でき、またこれまでの仕事を括る「当事者職員として働いてみて・・・その後」をまとめることが出来ました。読者の皆さんのご感想・ご意見をお寄せいただければ、大変ありがたいです。
 この頃どういう訳か、昔働いていた精神病院の夢を頻繁に見ます。新しく建て替えられた病棟に忍び込んでは、沢山のなつかしい患者さんに再会したり、再度就職して働いている夢です。
 長期入院を強いられている多くの患者さん達に、残された時間はあまりありません。このままひとりひとりの患者さんの人生は闇に葬られてしまうのでしょうか。そして国家の責任も。何か自分に出来ることはないだろうかと、からだに相談しながら考えあぐねている昨今です。
                久保田公子

 毎年この時期になると嫌でも1年を振り返らされているここ数年ですが(編集長ごめんなさい)、今年ほどいろいろあった年は初めてだと思います。それはもしかしたら、年齢のせいで刺激に弱くなっているからとも思うのですが…そして、幸か不幸かこれがまだしばらくは続きそうです。全体の状況はあまり明るくはないようです。明るくないと自分の足元しか見えなくなってしまいます。そんな時は少し動いて、自分の足元を広げていくしかないのでは・・・と思っています。  中嶋康子

|

« 連載最終回「当事者職員」として働いてみて‥その後 | トップページ | 新春の松島を論じて瑞巌寺庫裡に及ぶ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/8138673

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年12月号編集後記:

« 連載最終回「当事者職員」として働いてみて‥その後 | トップページ | 新春の松島を論じて瑞巌寺庫裡に及ぶ »