« 連載第4回「当事者職員」として働いてみて‥その後 | トップページ | WFMH(世界精神保健連盟)カイロ大会とは何であったのか »

10月1日 やっと出版にこぎつけました!「東京精神病院事情」第5版1998→2003

東京精神医療人権センター・東京地業研 木村朋子

 昨年8月号でお知らせしたように、昨年9月都内精神病院訪問調査を開始した。今年4月、8ヶ月かけて調査が終わり、その結果のまとめ「東京精神病院事情」第5版1998→2003が、10月1日ようやく出版の運びとなった。
 何回か電話や手紙で説明・お願いをした結果今回は、33病院への訪問調査が実現した。前の版からの5年間に、大きな変化を遂げた病院が数多くあった。古い病棟を建て替え、広く明るい病棟に生まれ変わり、ベッド周りのカーテン始めプライバシーやアメニティへの配慮がされて、職員数が増えた病院もある。長期入院者への働きかけに力を入れ、活動性が上がった病院もある。その一方で、残念ながら旧態然とした病院も未だあった。
 本の内容は、前回同様、こうした個別病院の訪問レポート中心に、東京都精神病院統計に基づく全病院のレーダーチャート(今回若干指標・基準を改定)と、1987年以来の点数変化を載せた。訪問を受け入れなかった病院については、交渉の経過を簡単に述べてある。
 もとより33病院では、都内精神科80病院の4割にしか過ぎず、しかも前回(2000年版)の35病院にも及ばず、調査受け入れ病院がもっと増えないと全体像は見えない。今後の課題である。しかし公的な存在ではない私達の訪問調査を受け入れて下さった病院の中には、「日本医療機能評価機構の評価を受けているが、それとは異なる“市民”の目から見た評価を期待し、病院改革のきっかけや励みにしている」、「患者さんのプライバシーの問題はあるが、病院を知ってもらう努力の方が先」などの声もあり、私達にとっても励みになった。
 病院統計のデータで調査協力病院群をそれ以外と比べると、都内の年間入院者約25,000人のうち15,000人、6割がこの病院群に入院しており、回転率も高く、常勤医師、看護者、コメディカル職員数ともに、調査非協力病院群より圧倒的に充実していた。私達のような素人を含む市民・社会に対して病院を開いていこうとする姿勢が、病院の活動性や人的資源の充実、自信と比例している。私達は「訪問調査受け入れ病院が、まずは評価に値する病院」との基本姿勢をもって本づくりをしているが、その姿勢がデータ上裏づけを持つことをあらためて確認した。
 また今回は5年前より、準備段階でも、本の原稿仕上げ(前回は恥ずかしながら誤字・脱字だらけだった)においても、大勢が参加・検討した。そのため本の刊行は予定よりかなり遅れてしまったが、完成度は以前より高いと自負している。
 昨年8月号で宣伝したホームページ
http//www.arinomama.netもその後、データ部分は「工事中」が続き機能していなかったが、今後2005年版の訪問レポートやレーダーチャートを掲載して、メールでも病院体験談やコメントを受けていけるようにしたい。ホームページに2005年版の予告を載せたところ、既にいくつかの注文がきていて、見ていてくれる人がいるんだなぁと心強い。
 おりふれ読者の皆様にもお願いです。この本を多くの人に購入していただきたい。そして周りの人にも宣伝して下さい。                             page002
お申し込みは、
東京地業研       
〒190-0022 立川市錦町3-1-33
TEL/FAX 042-524-7566
東京精神病院事情 1998→2003
東京精神医療人権センター・東京都地域精神医療業務研究会編 A4版 244頁 2,000円

|

« 連載第4回「当事者職員」として働いてみて‥その後 | トップページ | WFMH(世界精神保健連盟)カイロ大会とは何であったのか »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/6216377

この記事へのトラックバック一覧です: 10月1日 やっと出版にこぎつけました!「東京精神病院事情」第5版1998→2003:

« 連載第4回「当事者職員」として働いてみて‥その後 | トップページ | WFMH(世界精神保健連盟)カイロ大会とは何であったのか »