« 柏木診療所での仕事 | トップページ | 絶望的な「真実」とそして希望に溢れた「真実」と・・・『日米精神保健秀作ドキュメンタリー上映会in練馬』開催迫る »

「医療安全確保のための看護人員体制とアウトカムに関する日米セミナー」に参加して

大塚病院看護師 佐藤 朝子
 2月19日に行なわれたセミナーに参加した。一般の方に「看護師配置」と「安全」を理解してもらうことが目的で参加者の中にはマスコミ関係者もいたようだが、ほとんどは看護師で管理者の立場の方が多かったようだ。
 医療関係者にはなじみの深い医療法の話から入り、看護師の必要人数から触れられた。ここで日本と他国との違いが話題になった。日本では日勤も夜勤もならして看護師の数を計算するため、日勤は看護師が多くても、夜勤になると看護師が少なくなるというのがあたりまえと思っていた。ところがアメリカのみならず他国では、夜勤でも患者対看護師の比率は変わらないように配置されているというではありませんか。入院者数が増えた場合は「フレックスシフト」の看護師を呼び出して勤務するというアメリカの報告に会場は思わず「うーむ」というためいきとも驚きともつかない声が響いた。
 また勤務の組み方も日本は三交替が定番で、1週間の間に3種類の勤務があるが、アメリカでは1週間の間には2種類の勤務形態しかないということだった。「首都圏の急性期病棟における看護管理者の認識」の調査では夜勤の間に全く休憩がとれない、あるいはとれても15分以内という職場が40%あったという報告もあり、人員が増えれば医療事故も防げると思うと感じている看護管理者が67%もいるのに対し、経済的理由で人員を増やせないでいる病院が60~70%もあった。
 勤務時間の複雑さに加えて、休憩時間の短さ、在院日数の短縮、人の命を預かる仕事ゆえのストレスやいまだに変わらない医師との主従関係という意識などが看護師の労働環境を悪化させ、燃えつき症候群へと発展させているのだろうか?
 ところで、カリフォルニア州看護成果連合では『患者のアウトカム(成果、効果)に与える看護師配置の影響』について研究されており、多職種チームとのコミュニケーションが良くなると死亡率が低下したとか、看護ケアが5%手厚くなると転倒が10%減少したという結果が出ているらしい。
 看護ケアを5%アップさせるというのは抽象的で具体的に何をどうするという答えはないが、感染症にかかったり、予防できたはずの合併症で死亡することのないように、データによって改善するきっかけを作ることが目的だという話があった。
 とはいえ、日本のほとんどの看護師は「研究」というものが苦手で、データをとるのも得意ではない人が多いと思う。日々の仕事で手一杯のところへ持ってきて、データを取るためにさらに別の動作が追加されるわけだ。忙しくてチェックできない場合はそれを覚えていなければならない、いや覚えていようと思っていても患者優先なのでどうしても忘れてしまう。カリフォルニアからわざわざ来日してくれた講師は、こういう状況だからこそデータソースにより分析が異なってはいけないので、標準化したデータの構築が必要だといっていた。
 カリフォルニア州看護成果連合での調査には170もの病院が参加しており、コンピュータでそれぞれの患者データ、転倒率、褥創発生率、拘束具使用率などを見ることができるそうだ。患者データや病院名は全てコードに変更されており、自分の病院のコードはわかるが他病院のコードはわからないようになっているらしい。同規模の病院と自分の病院を比較し、看護師人員体制の有効性や患者の安全を改善することに活用できる。
 日本でも(というより、私の勤務する病院では?)どういう効果があるのかわからないまま導入する看護診断やモジュール看護方式より、もっと先にやることがあるように思うのだが・・・。

|

« 柏木診療所での仕事 | トップページ | 絶望的な「真実」とそして希望に溢れた「真実」と・・・『日米精神保健秀作ドキュメンタリー上映会in練馬』開催迫る »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/3558246

この記事へのトラックバック一覧です: 「医療安全確保のための看護人員体制とアウトカムに関する日米セミナー」に参加して:

« 柏木診療所での仕事 | トップページ | 絶望的な「真実」とそして希望に溢れた「真実」と・・・『日米精神保健秀作ドキュメンタリー上映会in練馬』開催迫る »