« 人権擁護法案再上程へのアピールに賛同 | トップページ | 精神病院調査に参加して »

水野国賠裁判一審は勝訴、でも闘いは高裁へと続く

東京精神医療人権センター 小林信子

 「おりふれ通信」234号で紹介した「水野国賠訴訟」(交通事故の裁判で東京拘置所に収監された水野憲一さんが、拘置所の精神科医によって、長年服用してきた精神薬(リタリンという覚醒剤に似た薬を含む)を切られ、不調の訴えを聞き入れられないまま自殺。母水野寿美子さんが国家賠償を求める裁判を起こしたもの)の判決が去る1月31日東京地裁であり、完全勝訴した。
 当日の傍聴席は満員。裁判長が入廷し、判決文を読み上げたが聞き取りにくい声だったため、3、4分間傍聴席は静まり返ったままだった。弁護人も「勝った」というアクションを控えたらしく、私も「勝訴」の早とちりかと思って周囲を見渡しているうちに閉廷。廊下に出てから弁護士が「皆さん、勝訴ですよ・・・」と周知をし、支援者は遅まきながら「おめでとう、よかったですね」と喜びの言葉を交わしたのだった。
 その後、弁護士会館に場所を移して報告集会が行われた。原告である水野憲一さんのお母さんと弁護士が司法記者クラブで会見を行っている間に、会見に同席しない弁護士が入手した判決文の解説をしてくれた。 それは原告の主張をほぼ全面的に取り入れたもので、原告側が強調していた以下の3点
①東京拘置所職員(精神科医)が10年以上にわたり憲一氏が処方を受けていた投薬を打ち切った
②医師や職員が憲一氏への適正な自殺防止措置を怠った
③被告の公権力行使に当たり、未決拘留者である被拘禁者の生命・身体の安全を確保すべき義務の懈怠がある
を裁判所もほぼ認め、国に三千数百万円の賠償金を支払うことを命じていた。
 報告集会に合流した原告である母水野寿美子さんはじめ、支援者からの意見表明があった。原告も支援者も強調したように、この裁判はお金の問題ではなく、憲一さんの苦痛を理解しなかった国の非人間的な処遇に対する異議申し立てである。精神障害者に関わる裁判の困難さを私も体験してきているので、一審での勝利は、「日本の民主主義もまだ少し見込みがある・・・」と嬉しがっていたら、弁護団から、「国は、どこをどう争うかはわからないが、何があっても控訴するでしょうから、支援者の皆さんもそのつもりで、気を長く持ってください」と現実的な指摘をされ、一同気をひきしめた。
でも、私はとりあえず地裁で勝利したことを今日一日でも味わいたいと思った。
 控訴期間は14日間で、気になっていたが、予期したように14日目ぎりぎりの2月14日国は控訴してきた。一審判決のどこを争うというのだろうか。あきれてしまうが、地裁判決が高裁でひっくり返ることは日常茶飯事なので残念ながら予断は出来ない。
 原告側が主張する、例えば②については、自殺の危険性があり、いろいろなものを片付けたといいながら雑巾が残されていたという事実がある。また、③の救急救命処置のお粗末さは、憲一さんが意識を失っているのを見て、職員が予断でてんかんのみを予想し、救命処置が適切に行われなかったし、そのトレーニングも欠如していたことが明らかになっていた。また、裁判傍聴で明らかになったことだが、東京拘置所には、職員に准看護師の資格を取らせて配置していて、看護職という専門家の配置ではなかった。
 先の「おりふれ通信」でこの裁判に大きな関心を寄せている上野豪志医師が専門家の立場から①の事項に関わる幅広い批判や解説をしてくれた。その部分がやはり争点になるのだろうか。拘置所の精神科医の証
人尋問を傍聴して私の中に強く焼きついた印象がある。その医師は、証言の中で医者の立場から来たものなのか「リタリンなど飲んでいる人間は罰するべきだ」という思いが隠そうにも隠せなかったようだった。確かに、「僕だってリタリンだったらすぐに切るな・・・」という精神科医の意見も複数聞いている。だが、それは「医療的観察下でのことだけれどね」という条件がついている。亡き憲一さんは、リタリンに出会うまでどんな向精神薬も効果が無く、無気力で寝てばかりいたとの母親の証言があった。リタリンとの出会いにどのくらい医学的必然性があったのか、私の素人考えではわからないが、まだまだ精神病というのはブラックボックスだな、というのが感想である。
 今後、国はどこを争点に裁判を行うのかわからないが、闘いは続く。みなさんも今後のご支援をよろしくお願いします。

|

« 人権擁護法案再上程へのアピールに賛同 | トップページ | 精神病院調査に参加して »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/3179098

この記事へのトラックバック一覧です: 水野国賠裁判一審は勝訴、でも闘いは高裁へと続く:

« 人権擁護法案再上程へのアピールに賛同 | トップページ | 精神病院調査に参加して »