« 普通の市民の目で精神病院を見る-その② | トップページ | 投稿・グランドデザイン(案)先取り実態の大田区で暮らして »

コーディネーター日記2004.12

東京精神医療人権センター 小林信子

―病院訪問途中経過
2004年も終わろうとしています。今年後半の「センター」の活動を振り返ると、目下進行中の精神病院調査訪問の準備に精神的なエネルギーを使ってきたと感じています。今回の調査は、苦情が相次ぐ向精神薬の点滴と身体抑制、保護室の使用を調査するための急性期病棟と、長期在院者の退院と処遇の2つに調査を絞っています。その関連で、「保護室を空っぽにする」道立緑ヶ丘病院の実践を突撃インタビューしてきました。でも東京では、依然として精神病院の門戸は硬く、訪問受け入れ病院の数が伸びていません。「センター」が行うからダメなのかどうか、理由はわかりません。質の高い病院は日本医療機能評価審査を受けているので、評価には慣れていてほとんど受け入れてくれています。これら調査結果は請うご期待ですよ。

―痴呆療養病棟は増加している
それにしても、精神医療の先行きは暗いですね。国は10年間で7万2000ベッド削減といっていますが、その一方で病床が増えていることをご存知でしょうか。医療法のベッド策定数に余力がある地域の話ですが、埼玉県でも精神病院が出来ていますし、宮城県では、ここ1年間で精神科ベッドが1000増加。ほとんどが痴呆療養病棟だとのことでしたが、精神病院であることには間違いなし。本当に痴呆病棟がそれほど必要なのでしょうか。これは精神病床削減施策とどう関連するのでしょうか。これらの人々への権利擁護手段は全くありません。「センター」は誰と、何をどうすべきなのか、大きな課題です。

―歴史から学ぶこと
 来年7月に施行される「心神喪失者等観察法」に対し勉強会を続けています。国立武蔵病院では特別病棟建設の地ならしが始まったとのこと。10月末に神戸で開催された国際社会精神医学会で、このテーマでのシンポジストに招かれました。私の意見は単純に言えば「法になってしまったが、世界一の精神科ベッド数にさらにベッドを増やすこの法に反対」というもので、何の新鮮なものでもありません。この法の持つ曖昧さによる危険性は、私と考え方が異なる多くの人々でも共有されていることがわかりました。日本の司法病棟で働く予定の専門家がトレーニングに送られているイギリスで、司法精神科医であるガン教授が「日本の細かいことはわからないが、始め300ベッドを建設するというその根拠は何から来たのか」とフロアーから質問したところ、司法病棟建設病院となっている肥前病院の村上医師は答えられないままでした。これだけでなく、根拠なき1年半での退院目標、予算計上での誤算からの計画変更、病棟建設と地元との問題などのトラブルそして、何よりも退院後の確たる計画が全く不透明ということ等が、予測されていたこととはいえやっと人々に知られてきたことは、もう手遅れでしょうか。そのガン教授の報告で、イギリスの精神病者と法律の歴史を知りました。イギリスでは1800年にハトフィールド法が制定され、これは王の殺害を企てた人が精神病者で、一般の精神病者とは“別に処遇”された最初のものだとのこと。さらに、今日に至る200年の歴史の積み重ねが紹介されました。雑談時に、私が先進国の司法病棟設立の契機になった事件について調べたいと口を滑らしたら、教授は「歴史を知ることは重要だ。歴史を理解しないとそれがサブリミナルのように現れて、実践や制度に密かな影響を与えるのだ」とおっしゃっていた。そう、歴史といえば、「センター」の創設者の一人、広田伊蘇夫先生の大著作である「立法百年史」(批評社)は、この分野で働く多くの人々にはぜひご一読をお勧めします。過去を知ることで、現在の社会の動きをよく理解できることも多いのです。負の遺産が多いこの精神医療分野では特に必要なのではないでしょうか。
 私にはまだ理解できていない「グランドデザイン案」関連でヒートアップしている32条削減問題も、その出自は1965年の法改正で、医療中断を防ぎ患者を管理する目的だったもの。その大恩恵を受けている診療所関係者が大騒ぎしているのはかなり恥ずかしい。でも、ユーザーにとって起源はどうであれ、恩恵も受けていて背に腹は代えられない、という現実は十分に理解できます。しかし、この予算は精神福祉法からのもの。悲願の三障害統合施策という目標と、法32条の存続を訴えていることに、方針としてどう折り合いをつけていこうとしているのでしょうか。精神保健法改正とリンクさせているのかどうか、私にはわからないのです。法と実践がかけ離れ、行政不信が血肉化している私には、混乱の極みです。ともかく、もっと議論を重ねるべきですね、拙速な立法化には絶対反対します。

|

« 普通の市民の目で精神病院を見る-その② | トップページ | 投稿・グランドデザイン(案)先取り実態の大田区で暮らして »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/2438427

この記事へのトラックバック一覧です: コーディネーター日記2004.12:

« 普通の市民の目で精神病院を見る-その② | トップページ | 投稿・グランドデザイン(案)先取り実態の大田区で暮らして »