« 写真集「ひとりひとりの人」 大西暢夫 | トップページ | 東京精神医療人権センター・東京地業研の第2回病院訪問調査が始まります!ホームページarinomama.netもよろしく。 »

東京地業研夏合宿から

東京地業研  飯田文子

東京地業研の合宿を7月17日~19日にかけて行った。参加者の話題は、多岐に渡った。その中の一つを紹介する。

本紙2003年7月号(No220)「上妻病院入院者債務問題は一応解決、でも残る問題は・・・」で取り上げた「入院中に病院に作った借金の為に退院が出来ない患者」と「借金がある人は受けれません」という東京都精神保健福祉センターの問題は、決して上妻病院に限らないということ。このことを話してくれた病院職員は、本紙で上妻病院のことを知ったが実は同じ事が彼の勤めている病院でもあったと言う。その事を知ったのも都センターに申し込みをしたところ「借金のある人は受け入れません」と言われて分かったという。 ちなみにその病院では、生活保護で入院している人の日用品費(いわゆる小遣い)からも一律に例えばシャンプー代として一ヶ月3000円を勝手に取っているという。その他にも色々な名目で費用を取っていることを考えると本人の知らないところで病院に借金が出来てしまう事は大いに考えられる。人権センターの小林さんが危惧していたとおり類似のケースが他の病院にも存在していることが明らかになった。

|

« 写真集「ひとりひとりの人」 大西暢夫 | トップページ | 東京精神医療人権センター・東京地業研の第2回病院訪問調査が始まります!ホームページarinomama.netもよろしく。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/2181794

この記事へのトラックバック一覧です: 東京地業研夏合宿から:

« 写真集「ひとりひとりの人」 大西暢夫 | トップページ | 東京精神医療人権センター・東京地業研の第2回病院訪問調査が始まります!ホームページarinomama.netもよろしく。 »