« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

国立武蔵病院に「心神喪失者等医療観察法」拘禁施設をつくらせない5・22集会

作業所勤務 星岡匡史

 5月22日(土)国分寺労政会館で集会が行われた。主催者挨拶、岡田先生の話「治療ガイドラインから見えてくるもの」、八尋弁護士の講演と続いた。

八尋さんの話;
ハンセン病の問題は劇的な解決ではない。悪魔の実が腐って落ちただけ。何もしないで腐って落ちるのをまっていただけ。小泉首相も坂口厚生労働大臣も、本当の意味を分かってないからこういう法律(心神喪失者等医療観察法)が出来ちゃうんです。
ライ予防法を存続させたことに対して法曹は自分等の責任を感じていない。謝罪すべきなのにしていない。福岡で精神の相談を受ける弁護士の当番制を作った。日弁連に何年も言っているのに作ってくれない。
ライ予防法は、ハンセン病者が誰もいなくなって、やっと無くなった。精神病者が誰もいなくなれば法律も変わるだろう。でもそれでは遅すぎる。ハンセン病から何も学んでいない。
私は、いかなる隔離も反対です。伝染病だろうとなんだろうと正しく伝えることが大切。
隔離されることは、時間を1年2年取られただけのことではなく、人生を棒にふることになる。想像する以上にその人の家族にも影響を与える。
初めてハンセン病の療養所に入所者の話を聞きに行ったとき、「今まで弁護士は一度も来ていない。何やってたんだ。」と怒られた。弁護士が行っても本当のことは言ってくれず、法廷で初めて自分の子を埋めた話や断種をさせられていたことを話した。
3人の知的障害者が被告になった事件ではなかなか本当のことが言えず、他の人の裁判で証人になって初めて自分もやってないと言えた。日本の今の法廷は、聞いているふりはしているけど聞いていない。馬鹿にしている感じを持っている。弁護士事務所にも精神障害者からの相談があるが、大抵の事務所では聞いたふりをするか、「来る場所が違う」と突っぱねてしまう。こんなのがまかり通っているのが日本の現状。

 講演終了後フロアからのメッセージで、ハンセン病回復者の鈴木さんが隔離の恐ろしさを語り、オープンスペース・街が歌に託してメッセージを送った。精神病者集団の3人組は、1人がBGMとして歌ってる間に2人が話した。さっぱり分からなかったが大うけしていた。発起人の1人が決議文を読み上げて終了。前では逆立ちした人が足で拍手していた。
 多くの法律家の人たちに、人権の観点から精神障害者のおかれている立場について、特に入院中の処遇に対して、そもそも監禁されていることについて感心を持ってもらえれば大きな力になると感じた。

| | トラックバック (0)

自由人権協会の「宅間被告人精神鑑定医のメディアへの発言と報道に関する提言」

 編集部の小林が理事を務める自由人権協会(基本的人権の擁護を目的とする市民団体)が、4月21日、表記の提言を出した。(全文は自由人権協会ホームページhttp://www.jclu.org参照)
 池田小学校事件の宅間被告を精神鑑定した精神科医が、2003年8月の判決直後からテレビ・新聞のインタビューに答え、鑑定内容や宅間被告の反応とそれに対する専門的所見を発言した件についてである。自由人権協会の問い合わせに対し、同鑑定医からマスコミへの発言の理由として、裁判所や宅間被告の同意は得ていないが、公開の法廷で証言済みで鑑定内容は事実上公開されており、判決も既に出ている、これまでも鑑定書が市販されたことがある、無関係な精神科医が推理でコメントするより鑑定人自身が発言する方が正確である等の回答があったという。
 自由人権協会は、回答に感謝しつつ、刑法にも定められた医師の守秘義務に照らして同鑑定医のマスコミへの発言、またマスコミ側の報道は許されることではないとして、以下の問題点を指摘、精神医学会とマスコミ団体への提言を行っている。
(1)精神鑑定医のマスコミへの発言 鑑定医が法廷で職業上知り得た秘密について証言できるのは、刑事訴訟法に基づいて許されていることで、即ち高度の必要性がある場合である。その必要性のない他の場所で同じことをするのは許されるはずがない。また公開の法廷で証言したと言っても、傍聴人数も限られ、録画・録音も許されていない状況で、外部に伝わる情報は傍聴人の個人的印象にすぎず、鑑定内容そのものが公開されたわけでなく、まして鑑定人の守秘義務が免責される理由にはならない。
(2)鑑定書の法廷外利用 確かに日本では鑑定書がほぼそのままの形で一般書籍として出回っているという事実がある。患者のプライバシーの権利が確立した欧米では、法精神科医や関連する専門家間で事例検討する場合にも、鑑定された本人に鑑定書と鑑定の様子を録画したビデオの利用許可を得ることになっているという。「学問的研究のため・・・」という名目で多くのことが許されると考える日本の専門家の倫理性の問題が、今回の発言の背景にあった。
(3)メディアの責任
 裁判の公開は、裁判の公正を確保するために憲法で保障されており、公開の趣旨は、一面国民の知る権利に応えるべく、報道の自由を保障している。しかし刑事訴訟における報道の自由が、被告人等の利益保護のためには制限されることがあるのは、憲法82条第2項(裁判官の全員一致で、公序良俗を害する虞があると決した場合には、公開しないで行うことができる)あるいは準備手続きの非公開、さらには規則によって写真撮影・録音が規制されていることに表れている。本件で、精神鑑定の内容に関わる報道によって、被告人のプライバシーが侵されたのみならず、鑑定医が守秘義務違反を問われかねない事態となったことを、メディアは厳粛に受け止めるべきである。 そして、提言として、
(1)鑑定医による法定手続き外の鑑定内容の開示、鑑定医の発言を直接報道することは現につつしむべきである。
(2)精神神経学会は、鑑定医の守秘義務内容と保持手続きについて、早急に自主的基準を作るべきである。
(3)メディアは鑑定医の守秘義務に配慮した取材を行うために、早急に自主的基準を作るべきである。 (要約の文責 木村朋子)

| | トラックバック (0)

キューバからの便り  Nさんへ

作業所勤務  宮城ゆみ子

Nさんがこの「おりふれ通信」にキューバのハバナ精神病院見学報告をしたあのキューバ旅行から約1年9ヶ月、今回は一緒に行けず残念でしたが、私は職場のヒンシュクも顧みず年休全部を使って3度目のキューバを旅してきました。
 今回もあの友人Tと。今回の旅行は、できればという程度の目的として、いつものような街中で演奏されてるキューバンミュージックもいいけれど、ちゃんとしたステージでのライブを聴きたい。
 特に大きな理由があるわけではないけれど、諸事情を考えるともしかしたら最後のキューバになるかも知れない、やっぱりあのチェ・ゲバラの遺骨が納められているサンタ・クララへ行っておきたい。
 前回、Nさんのハバナ精神病院見学の報告にも書かれていたと思うのですが、キューバは入院、治療費の無料化はもちろん食事、日用品、衣料も配給と言う中、アメリカの経済封鎖は国全体に物不足をもたらしていて、この病院でも「なかなか衣類にまでは」という話を聴いて大きなことはできないけれど、モノ余り状態の日本で衣類を集めて送ることくらいははできるのではないかと、キューバから帰った私達は職場の仲間や友人知人に声をかけ、昨年春、第一便を船でキューバの友人宛に送りましたよね。届くかなと心配だったけれど、なんとか届いたらしいあの荷物と今回持っていった衣類を病院へ届けること。この三つぐらいは実現したいと考えていました。
 3度目などといっても、Nさんも知ってのとうり、計画的な動きの苦手な私達としてはいつもの旅行社に航空チケットと、前回一緒に泊まったあのホテル・テハジージョに12泊全部とお願いし、ただアメリカのイラク攻撃に怒ってる私達としては、あのヒューストンのジョージ・ブッシュ空港だけは、いくら安くても経由したくない旨(こんな時旅行することと矛盾してるでしょうか?)もう一つ軟弱な注文なのですがエレべータのないホテルでしたので部屋は2階へ、などとわがままも言ってみました。
 まあそんな訳で飛行機はエアーカナダ、トロントへ1泊し、そしてキューバへ、ホテルの部屋は2階予約OKと一応順調な旅立ちの予定ができあがり、やっと成田でチエック・インという時の荷物検査で、なんとこの20年近く一緒に旅をしてきた私のスーツケースが壊れてしまったのです。
 詰め込み過ぎもあったでしょうが、酷使されくたびれてしまったのでしょう。成田で捨てるには忍びなく、まるで包帯のような白いガムテープでぐるぐる巻にされたバッグと共に旅立つことになったのです。痛々しさこの上ない姿は写真に納めましたので是非観て下さい。
 「汚くて国内じゃ恥ずかしくて持って歩けない」などと悪態をついていたことが悔やまれる事件でした。
 このアクシデントに象徴されるトラブル続発の旅がここから始まりました。
 機内で読むCUBAガイドはあのいつもの旅行会社がくれるキューバ大情報(大はいらないような気がします)と、こりもせず「地球の歩き方」そしてこれは優れもの大お勧め、「旅の指さし会話帳キューバ」御存じのとうりキューバはスペイン語、でも私達には、キューバは「キューバ語」なのです。とにかくページを開いて、指差しながら会話ができてしまうのです。前回も大活躍でしたよね。
 信じられないほど英語もできないし、スペイン語にいたっては知ってる単語の数は両手の指の数程と言う私なのですから。でもそんな私達でも旅ができると言うのがキューバと言う国なのかも知れませんね。
 成田を飛び立ちバンクバー乗り換えトロントに泊まり、飛行機に3時間ほどでハバナのホセ・マルティ空港へ到着。入国審査も無事通過、「さあ荷物を」というところで停電!当然荷物も止まる。えーっとは思うがここはキューバだと実感させられる。余談になりますがガイドブックに有るトラブル例はほとんどキューバで体験しましたね。
 明るい時間に到着するのは初めてなので、空港からのタクシーはもうキューバンミュージックがんがんですし、1泊2日かけてたどり着いた安堵感とでも言うのでしょうか、疲れているのになぜか気分はハイ!そんな気分のまま整然とした新市街、革命広場を横目に街全体がちょっとセピア色に変わりはじめると、そこはオールドハバナ。1704年に建てられたというバロックスタイルのあのカテドラルの尖塔が見えてくると、車1台がやっとのテハジージョ通りに入りホテル・テハジージョへ到着です。Nさんとの時も確か真夜中に到着でしたよね。
 ボーイさんが不思議そうな顔であの痛々しいバッグを運んでくれて、さあチェクイン、いつもなら遠いところようこそと明るく迎えてくれるはずなのに、なにか変!電話でなにかやりとりしてるふうなのです。
 そのうちにフロントマンがやってきて「部屋がダブるブッキングしているらしい、手配しているのでバーで待っているよう、もちろんフリードリンクで、おこっているか?」というようなことを言っているらしい。仕方がないのでNさんも、かって知ったるホテルのバーへ。
 ちなみにキューバでは小さいホテルにもバーが有ってバンドが入っているのです。
Tはというと、入った途端「踊ってくる」とやけのようにバンドの前の狭いスペースで踊り始める、ノリのいいキューバ人もちょっとびっくりしながら歓迎している。私はというとウエルカムドリンクのキューバビール、クリスタルを飲みながらヤケのように彼女の踊りに大笑いをしていました。
 そうこうしているうちにホテルマンがやって来て、有無を言わせずというか言っても通じないと言うか、すでにホテルの前にはタクシーが、まだ明るいとは言え夕方6時「明日12時に迎えの車が行く」ということで送りだされる。一応は何が基準か知らないがテハジージョよりランクが上とのこと。外見は植民地時代のお屋敷風で重々しい建築物だがホテルの顔のようなフロントの時計もロビーの大きなのっぽの古時計もやっぱり時を刻んでいませんでした。(キューバの時計は止まっているのが多いですよね)
 ホテルのベランダに出ると道路をはさんでハバナ湾・・とはいえあの新市街に続くマレコン海岸とは大きく違い、工場地帯。船はというと貨物船が行き来している。それでも8時近くに海面を照らし貨物船に影を落としながら沈む夕日は疲れて沈む私達の心をも照らし、美しかったです。
 キューバ2日目。 
 3度目ともなると、いくらものぐさな私達でも少しは街の様子が分かっていたようで、朝になって落ち着いてベランダからあちこち眺めまわしていると、どうも観たことが有る風景。そうなんですNさんあのハバナクラブ博物館がこのホテルの隣のとなり、とは言っても大きな建物なのでワンブロック先というのでしょうか。転んでもただでは起きないというのが合ってるかどうかはわかりませんが、とにかくハバナクラブを買いにくる手間は省けたとばかりに、迎えの車の着く前ににハバナ2日目にしてのハバナクラブをゲット。博物館のロビーでラムたっぷり入ったオレンジジュースを飲み、ちょっといい気分でホテルに戻るが、12時約束の車が着いたのは待ちくたびれた、1時すぎでした。
 でも明るいタクシー運転手と笑顔のホテルマンに迎えられ、あぁ~我が家に帰ったような気がするテハジージョでした。
 部屋は2階の207、荷物をほどき、さあ待っているキューバの友人達に連絡でもというときホテルのカウンターから持ってきたちらしを見るとなんと思わず二人で「うっそー」と言ってしまったのですが、ハバナの代表的ホテル、ナシオナル・デ・クーバであの”ブエナビスタ・ソシアルクラブ&アフロキューバン・オール・スターズ”のライブがあるというのです。しかも、今夜。
 そりゃあやっぱり行きますよね。もう入れないかなと思ったけれど二人ということで予約OK。一流ホテルのディナーも一度くらいと、ふんぱつしてみましたがディナー&ライブで一人日本円5000円弱と日本じゃ考えられない値段でした。ライブは言葉では語れません。ただ9時から始まり12時すぎまで休憩もなく繰り広げられる演奏とダンスは客席も踊り出し一緒に歌い、、広いホールがステージと一体となって終わ ってもなかなか立ち上がりがたい、みんなそんな気分のようでした。
 成田を発ってまだ3日。いろいろあったけれどやっぱりキューバはいいとしみじみ想う夜でした。Nさんまた一緒に来たいですね。
 私達のハバナ滞在はまだまだつづきます。またお便りします。

| | トラックバック (0)

ある民間精神病院で その1

病院コメディカル職員  東野みどり

 開放的で長期入院患者の退院に取り組むという病院ではなく、かといって管理、管理で患者さんを締め上げるという病院でもない、よくありそうな病院から一職員として感じることをお伝えしたい。なぜならどこかの似たような病院で働く誰かに読んでもらいたいし、立派な病院で十分経験を積んだ人がいたら、こういう病院で働いてほしいと思うから。
 前にも一度書いたので読んでてくれた人には悪いけれど、たぶん私にとってはずっと残る実感なのであらためて。開放的な病院では、勤めた初日から患者さんの職員への悪口をたんまり聞いた。私の悪口も含めて。名前を「収容所」とした方が中味に合ってる病院では、3年は勤めたが、どの患者さんからも一言も職員または病院についての、悪口、批判、非難はもれてこなかった。私の方は、職員・病院への怒りは初日から退職するまでずっと沸点にあったのだけれども、患者さんたちは賢明にも悪口を、どの職員であってももらしたらいずれ院長に伝わり必ず怖い目にあうと確信してたのだと思う。今の病院では1年くらいして、ようやく職員や病院のグチ、悪口をつぶやいてくれるようになった。こちらを少なくともチクリ屋ではないと踏んだのだろう。いずれ私が施設に世話になる時がきたら、入所者が職員の前で平気でブーブー悪口をたれている所にするぞ、と思う。
 この病院では、私が見るに(私の目が正しいかどうかはおくとして)退院して単居して良いような人が多々入院しているし、「当然開放病棟でしょう!」と思う人が、多々閉鎖処遇だったりするわけだが、ともかく最初の1年間は私は患者さんにとって試用期間だったらしく、「退院したいって思いませんか?」「生活保護の制度もあるし、作業所というところもあるしね。働かなくても退院できるよ」と誘ってみても、退院して単居できそうな人からの単居願望は聞かれなかった。
 しかたないのでまずは施設退院という方向で見学会を何回か重ね、「本当だったらこの人なんかは一人暮らしできる人だよね」と思ってはいても、本人が望まず、かつ必要な一定の外来生活を支える機能を全く持たないこの病院では、ムリとあきらめて数名を施設退院へとすすめていった。
 一定がんばる病院は、自分たちの所でケアできる患者さんは外来その他で(もちろん作業所などの通所福祉施設の力も借りてだが)単身生活を支えていくから、けっこうな数の外来単身者群が病院の周りに住んでいる場合が多い。50、70、100人くらい。そうしてカバーできない一部分を都立のセンターなどに依頼し、その上で適応の人々に救護施設や老人ホームを勧めてみるというのがパターンであろう。
 当院では、最初の部分が欠落し、センター依頼はそれなりに行い、施設へは今回少しばかりすすめたというところなので、送った先の施設職員からは「最近どの病院からも送られてくるのは、気力体力ともに『うーん・・・』という人が多いのに、そちらの病院から来る人はしっかりしてる人が多いんだよね!」と言われる。情けないが事実。しかしその施設は当院よりは単居生活促進機能があるところなので、オネガイシマスと思ってるしだい。
 こうしたことを行っている中で、患者さん達が私達に見せる姿が少しずつ変わってきた。心の中のあきらめていた願望が少し
ずつ首をもたげてくるといった感じ。一人、二人とそれまで長年生活をともにしてきた、職員なんかより互いによくわかっていた同居者が「退院」して目の前からいなくなっていく現実に、長年「ガンバコ退院だよ!」と明るく言い放っていた人たちが考え込んでいる。何年か一緒にいただけで、職員だってその人がいなくなってさみしいのに、患者さん同士ならさらにその思いは深いだろう。
 そんな中で、ついに「一人暮らしをしたい」と声をあげた入院生活およそ30年、年齢約70才の患者さんが現れた。この人については、次の機会に。

| | トラックバック (0)

投稿 重ねて「意見書」の即時撤回を要求する

 岡本省三

 一
 3月号で私は、「欠格条項をなくす会」に対し、裁判員制度について同会が2月13日に出した意見書の即時撤回を、根拠を全面的に展開して強く要求した。その後私は「公開質問状」を同会宛にファックスし、5月13日を期限として回答を求めた。5月13日、同会は事務局長臼井久美子氏名で、私の要求には応じない旨の回答を寄せた。同日には電子メディアにも流布し、本紙編集長をも「感心」させた(「いい回答じゃないの」と言い、岡本さんに「とんでもない!」と言われました:木村記)この回答に対し、私は重ねて強く強く「意見書」の即時撤回を要求する。その新たな根拠を以下、簡潔に明らかにする。その結果として、「なくす会」の許し難いそして致命的な『非政治性』のもたらす状況追随主義を暴露せざるを得ないことを甚だ遺憾とするものである。
 二
 4月21日、都内で「戦争のための『司法改革』に反対し、イラク撤兵を求める集い」という大規模かつ啓発的な抗議集会が開かれた。それは5月18日の国会前座り込みなど、全弁護士約2万人のうち5,000人が反対する司法超反動化に対する多様な闘いの一つであった。私はこの抗議集会に参加して初めて得た知見と資料に基づき、「公開質問状」を書いた。
 裁判員制度は、戦時国民総動員への強固な国家意思を体現する関連2法案ー「刑事訴訟法全面改悪案」、「総合法律支援法案」(『国営弁護法案』と称されている)ーと一体をなす「刑事司法改革関連3法案」の一つである。ただし他の2法案は口当たりの都合で、今や国家意思の慰撫宣伝部隊に位置するマスメディアの情報統制によって「主権者たる国民」から秘匿され続けている。3法案すべてが、4月23日、民主党との共同提案によって衆議院本会議で「全会一致」で可決され、28日参議院本会議において趣旨説明・質疑の後、参院法務委員会に付託され、5月20日の同委可決の翌21日、参議院本会議で成立を急ぐ与野党一致の下、反対2で可決成立している。
 従って「なくす会」の回答日である5月13日には、世間の動きに目を閉じていない者にとって、同法の成立を疑う余地は残念ながらなかったのである。さらに、2003年2月5日法制審議会最終答申による「共謀罪」「参加罪」などなど、戦前をはるかにしのぐ超反動違憲立法が続々と出番を待っていることをも、人は知らなければならない。

 三
 「公開質問状」には次の補足文を付した。
①貴会が、多くの違憲立法による「司法の超反動化」への国家意思を承知した上で、敢えて「意見書」を提出されたのか否かを知り得ぬことを甚だ遺憾とする。
②貴会が、やがて来るべき「戦時国民総動員体制(例:自警団、徴兵制)」に対してもなお、その「欠格条項」の削除を依然として求める可能性が大きいことを深く危惧する。
③それは、アフガン、イラク・・・で、女性
兵士が男性兵士に劣らない勇敢さと残虐性を発揮し、民衆の無差別大量殺戮という「成果」をあげるに至っている、アメリカン・ブルジョア・フェミニズムと類似することにはなるまいか。

 四
 しかるに「なくす会」の回答は意見書の作成過程の説明と引用に終始し、以後90日間の状況の激動に反応している様は全く窺えない。回答に記されている「法案の多大の問題点」(具体的指摘は全くないが)の認識と「国民的な論議の深まり」への要請は、2月13日の時点では、少なくとも何がしかの現実性をもっていたかもしれない。しかしほとんどすべてが終わってしまった5月13日にいたって、「まず、制度案全般について、国民的な議論が十分に行われる必要があるとの考えです」とは、一体全体どうなってしまっているのか?!
 これが本当に私の「撤回要求」拒否の回答ならば、「今カラデモ遅クハナイ、速ヤカニ」意見書を撤回してください。そして「護国の鬼」となって「ヤスクニ何トカ」に「合祀」されないで下さい。たくさんの仲間を道連れにして。

| | トラックバック (0)

苦しみを力に

総持 真子(そうじ まこ)

 私が家族・学校・社会からの圧力を受けながら、自分ですら自分の味方になれなかったときを乗り越えて、今日まで生き長らえることが出来たのは、奇跡的なことだと思う。これまで自分を大切に出来なかった分、自分を労ってあげたいし、誉めてあげたい。それから、様々な形で私に影響を与え、手を差し伸べて下さった多くの人々、そして私の命を支え、成長させてくれた大自然に心から感謝したい。

 一方、それにしても私を取り巻く環境は依然厳しく、人目につかない劣悪な環境の中でサバイバルを続けている仲間も沢山いると思う。以前、トイレや食事をするのに人の手を借りなければならない体に障害を持った人々と一緒に仕事をする機会があった。その中で、自分達の体で感じた日常の不都合を周囲に伝えることで、ハ-ド面での社会環境をよりよい方向(バリアフリ-)へと導いて行ってる人々の生き様を目の当たりにすることが出来た。彼らは、人間一人一人が持っている無限の可能性を身をもって私に教えてくれた。

 私達にも、私達にしか出来ないことがきっとあるはずだ。今度は、社会の歪みを苦しみとして感じられる敏感な私達が、社会をより住み良い場として作り変えられる様、働きかけて行こう。一人一人が抱えている苦しみを、ただの苦しみで終わらせてはいけない。今私は、錬金術つまり卑金属(=苦しみ)を黄金(=力)に変える術、ピアカウンセリングを学びながら、それなりの手応えを感じとっている。

| | トラックバック (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »