« 東京都への公文書開示請求について | トップページ | 苦しみを力に »

全日空精神障害者搭乗拒否事件に日弁連が警告

編集部 木村朋子

 おりふれ通信2002年2・3月合併号に池辺進さんが、「飛行機搭乗拒否事件と精神障害者差別問題」を投稿されて以来2年が経った。友人と沖縄パック旅行を終え空港で帰りの飛行機を待っていた時、突然「あなた方二人は精神病者。精神病者は飛行機に乗る資格がない」と、搭乗拒否され、抗議もしたが、翌日東京からの家族の迎えを得てようやく帰ってこられた。東京に戻って調べてみると、全日空の社内規定では、精神障害者は「搭乗不可旅客」とされ、例外として(1)医師・看護師の同伴がある(2)専門医の診断書があり付添者がいる場合には搭乗を認めると書いてあり、許せない差別!と問題にしたものだった。マスコミにも訴えて取り上げられ、その後全日空の社内規定は、精神障害者を搭乗不可とする文言を廃止、かわりに「自身に危害を及ぼす恐れのある行為を行う者」「他の旅客に不安感もしくは不快感を与える言動をする者」などの表現に改定された。このことは、本紙編集部のメンバーでもある陽和病院患者協会の岡本さんが「社内規定は非公開」とする全日空に公開を迫り、ようやく閲覧を認めさせて、2002年11・12月合併号に報告している。

 池辺さんらは東京精神医療人権センターとともに2002年4月、日弁連に人権救済申立をも行っていたが、去る3月29日付けで日弁連から結果報告があった。結論として、日弁連は全日空に以下の2点を警告している。
1「精神障害者」を「搭乗不可旅客」とする当時の社内規定に基づく搭乗拒否は、憲法で保障された移転の自由を差別的に制限する違法行為なので池辺さんらに謝罪すること 
2全日空は、その後改定された現行社内規定においても池辺さんに対する搭乗拒否は正当だったと主張していて、再び同様のことが起こるおそれがあるので、精神障害者の移転の自由を差別的・過度に制限しないよう社内規定の解釈、運用を改めること
さらに石原伸晃国土交通相宛に、同様の差別的搭乗拒否事件の再発防止のため、全日空に対して現行の社内規定の解釈・運用の指導を行うよう要望書を出している。
 この警告書・要望書の根拠として添付されている調査報告書は、池辺さんらの主張に始まり、全日空とパック旅行を主催した近畿日本ツーリストの担当者への事情聴取や、那覇航空の現地視察を含む20頁に及ぶものである。一読して、素人にもわかりやすく、弁護士会は時間はかかっても、丁寧にきちんと仕事をしてくれるものだと感心した。

 それにしても驚いたのは、差別と偏見がいかにささいなことを問題視し、かつその内容を伝言ゲームのようにゆがめていくかということである。旅行社のツアーコンダクターは、業務終了時、池辺さんらから二人が分裂病とうつ病であると聞いたこと、およびツアー中のできごと=ツアー2日目池辺さんがトイレに行って戻ってきた際、片足がビショビショに濡れていた・ツアー参加者から「(池辺さんと思われる人が)夕食のバイキングを手づかみで食べていた」と聞いた・朝食の時カフェテリア方式のコーヒーをカップに注いだその場で飲んでいたなど、を特記事項として報告したという。池辺さん達の行動は、もしかしたら他の参加者達の間でユニークであったのかもしれない。しかし「コーヒーをその場で飲んだ」ことまで特記して報告されるのでは、ツアコンの監視が恐くておちおち旅行も楽しめない。
 さらに全日空側は、帰路便の出発前、旅行社から「他の客とトラブルを起こした」「精神分裂病だと言っている」「バスの中で失禁した」という報告を受けたという。(他が全部実名入りの日弁連の調査によっても、この連絡をした旅行社社員が誰かは不明で、またトラブル・失禁の事実も確認されていない。)この報告を聞いた全日空社員が二人に会いに行くと、「喫茶店のテーブルの上をティッシュペーパーなどでゴミの山にしていて、通常ではないと感じた」、「何かはっきりとした異臭を感じ、その時はわからなかったが、後で失禁した尿の臭いであることがわかった」という。
 全日空は、搭乗拒否の決定は主治医と連絡を取り、病気であることがはっきりしたので当時の社内規定に基づいて行ったという。しかし沖縄まで迎えに来るよう要請された池辺さんの家族は「朝食の時手づかみで食べ、バスの中で放尿した」と聞かされたとのことである。

 より一層問題なのは、日弁連の調査に対し、全日空がこれらの予断と偏見に満ちた対応を恥じることなく、「(池辺さんは)ゴミを散乱させたり、異臭がしたり、意思疎通が困難であったことから、改定された社内規定でも、機内で他の旅客に迷惑もしくは不快感を及ぼす可能性が認められる者として、付添人なしでの搭乗を拒否することになる」と開き直っていることである。日弁連報告書は、全日空が根拠としている「ゴミの山」「異臭」は、「搭乗拒否行為を正当化するため、あるいは『精神障害者』に対する偏見のため、誇張されたものと解さざるを得ない」という。社内規定の「機内で他の旅客に迷惑もしくは不快感を及ぼす可能性」も、より細かく「運行の安全を脅かし」あるいは「機内秩序を著しく乱す」行動が予想されることと、定義規定を設けており、これに照らして今回の搭乗拒否は到底認められないはずとする。
 結論として、「社内規定を外側の形だけ変え、精神障害者に対する差別的搭乗拒否を継続しようとする全日空の態度は強く非難されるべき」と警告を発することになった。強制力を持つものではなく、しかし日本の弁護士全員が加盟する団体の重みはあるものなので、多くの人が知り、航空会社を見張り、同じような目にあった場合の反論材料にする形で活かしていかねばならないものと思う。
 池辺さんらには、全日空からお詫びと「引き続きご利用いただくようお願い」の手紙が送られてきたという。 

|

« 東京都への公文書開示請求について | トップページ | 苦しみを力に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/1657110

この記事へのトラックバック一覧です: 全日空精神障害者搭乗拒否事件に日弁連が警告:

« 東京都への公文書開示請求について | トップページ | 苦しみを力に »