« 松沢病院訪問での疑問 | トップページ | 指定医研修見聞記 »

松沢病院の病棟案内が整備されました!

東京精神医療人権センター 小林信子

 2004年は「センター」にとって幸先よいスタートとなりました。「おりふれ通信」222、223号で取り上げていた都立松沢病院と当「センター」との面会拒否に対する“抗争”は、とても建設的な結果を生み、患者権利擁護団体としてのチャレンジは成果をあげました。
 まあ、「センター」がしつこく食い下がり、新聞記事にもなってしまったし、それよりも社会の変化を感じた松沢病院が「変わらなくちゃ」と言う意識が全スタッフに生まれ(そう信じたい)、松沢病院として統一した「病棟案内」作成を昨年末から着手していました。今まで各病棟は一国一城そのままで、「病棟案内」もまちまちだったり、患者さんへのお知らせもろくに配布されていない病棟もあったのです。
年末に医事課長と入手の約束をかわし、今年一月中旬に病院側から「完成」の連絡をくれるという思いもかけない親切があり、受け取りに行きました。
 正式な製本前のものですが、各病棟の個性?とPCを駆使した装丁で、ディルームなどに常備しておくものということです。 この中から、患者さんに配布が必要な事項を抜き出して渡すと言う取り決めになったそうです。
 28病棟あるので28冊もあります。平均17,8ページ仕立てで、まず「松沢病院運営理念」があり、次いで都立病院全体で定めた理念不明の「患者様の権利章典」があり、それから病棟の見取り図を含む紹介や規則説明になっています。この規則には未だ理解不可なのものも見受けられますが、それは今後順次取り組みましょう。
「権利章典」についても異議ありです。患者の権利章典なのに「責務」が記載されているのを後存知ですか。例えば9項「納得できる医療を受けるために、医療に関する説明を受けてもよく理解できなかったことについて、十分理解できるまで質問をする責務があります」となっています。この文面では、結果について疑問を持ったり、治療法が正しくなかったのは、患者が理解していないのに質問しなかったからだと言い抜け出来るようになっています。患者というものを知らない傲慢な医療者の態度が反映されています。
「おりふれ」でもこの「章典」に警告を唱えた記事を出しましたが、特別な取り組みをせず反省しています。

 さて松沢病院の「病棟案内」に話を戻し、「センター」が関心を持つ、患者の権利では私たちが主張していたように「面会は原則として(あるいは、基本的には)自由です」という文言が入りました。が、それに続いて「患者様の病状によっては、医師の指示によってご遠慮いただくことが・・・」と続いています。皆さん、家族や友人をどんどん見舞いに行って、この「基本原則」がどのくらい実践されているか「センター」にお知らせください。
 ともかくも、我田引水と言われようが長年「センター」が松沢病院と取り組んできた一つの成果です。もちろん今後も都立病院としての重要な役割を持つこの病院がよりユーザーにとって信頼の置ける病院にするための監視を続けます。

|

« 松沢病院訪問での疑問 | トップページ | 指定医研修見聞記 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19973/632728

この記事へのトラックバック一覧です: 松沢病院の病棟案内が整備されました!:

« 松沢病院訪問での疑問 | トップページ | 指定医研修見聞記 »