さいたま市情報公開・個人情報保護審査会での意見陳述(2021.7.15)報告

埼玉県の精神医療を考える会  村田京子

 

715日、さいたま市情報公開・個人情報保護審査会で、630調査非開示結果に対する意見陳述を行ってきました。15分と短いので、私からは、「同じ条例に基づきこれまでは開示しているのだから、今回の非開示理由は全く不可解だし、非開示の判断は決して承服できない」「私たちは日本の精神科医療の実情、病院の実態についてあまりにも知らない。知らないがゆえに、当事者やご家族、病院だけにしんどいことを押し付けている。多くの人が実情を知り、問題を共有するために情報公開はとても重要」ということだけ話し、次に佐川さん(鴻巣市家族会会長)がご家族の切実な思いを、星丘さん(埼玉人権センター代表)が病院や福祉施設で働く立場で、杏林大学長谷川教授が専門家として話されました。

5人まで参加できたので(埼玉県では3人)、請求人の私と代理人の髙宮弁護士に加えて、上記お三方に補佐人をお願いしましたが、佐川さんが話されている時は、審査委員も真剣な面持ちで聴き入っている感じ、星丘さんが「精神科病院で働いていた…」と話し始めると顔を上げ、興味を示した様子が伺えました。実体験とその思いがこもった言葉はやはり力があると私も感じました。また事情に精通され広く深い見識に基づく長谷川教授の意見は説得力と迫力があり、また髙宮弁護士が折々理路を正してくださり、最強の布陣だったと思います。1週間ほど前にズームで打合せをし、当日は話す順番や提出資料の確認をしました。

審査委員は5名。会長は大学名誉教授、3名が弁護士、行政経験者が1名でした。15分強の意見陳述の後、委員からの質問がありましたが、弁護士のお一人から、非常に細かい質問が続き、正直驚きました。「資料をちゃんと見てくれているんだ」という嬉しい驚きです・・・

<以下、全文は、おりふれ通信404号(2021年8月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ>

|

NHK「ドキュメント 精神科病院×新型コロナ」を見て思ったことその2

香澄 海

 

 番組を見て特に印象に残ったのは、劣悪な状況に置かれた患者たちの声が無視されていることだった。X病院で酷い褥瘡ができてしまった方がいた。そしてコロナ陽性患者と大部屋に寝かされていた方は、「感染してしまう」と保健所に助けを求めたが無視されてしまった。しかも保健所は病院に対して「なるべく隔離はすること。ただし、個室や空室がない状況ではやらない」「看護室はクリーンゾーン、それ以外の病棟はレッドゾーン」という指示を出していたそうだ。自分の意志で病棟の外に出ることができない患者さん達の恐怖はいかばかりだったろうか。感染は目の前でどんどん広がっていくというのに。

 Y病院では、6人部屋の真ん中にポータブルトイレを置いて外から南京錠で施錠した。あまりのひどさに、胸がつまって苦しくなった。

 この手の番組は、特に入院経験のある仲間にとって「怖くて見られない」「見るのに勇気がいる」ものだ。視聴すると、苦しい入院体験によるトラウマが呼び起こされたり、精神障害者に対する偏見に満ちた言葉を浴びる可能性があるからだ。その仲間の一人が言っていたのは、《患者さん達が叫んでる場面が何ヵ所かある。何故叫んでるのか脈略なく切り取られている。訳もわからず怖いのかもしれない。突然痛い治療をされて苦しいのかもしれない。私たちだって閉じ込められた時「出してくれ」って全力で叫んだ。叫んでるところだけが切り取られて「ああいう人たちは閉じ込めておかないと」と思われるのが怖い。》ということだった。

 日精協会長の山崎氏は、精神科病院は医療だけでなく、社会秩序を担保する、保安までやっているのに診療報酬が安過ぎるとコメントした。患者との信頼関係を築く気がなくて、何が医療なのか。人をその意志に反して閉じ込めることに対して一切の躊躇なく、当然だと考えてやっているのだ。同時に、この発言は、精神保健福祉法の本質を言い当てているとも言える。

  また、松沢病院でコロナ陽性患者の対応に追われている医療従事者には頭が下がる一方、齋藤医師のある言葉に怒りと悲しみと自らの不甲斐なさを覚えた。次々と運び込まれるコロナ陽性患者を送り出している劣悪病院の実態を知りながら、またそこに送り返さなくてはならないことをためらう他の医師に対して、彼はこう言った。

「そうなんだけど、すごく微妙な問題なので、だけど精神科の病院が倒産していって患者さんが放り出されて、世の中はそれを受け入れる素地がないわけだから、その辺の塩梅を見ながらやっていかないと。でも、気持ちはわかる」

 最初にやるべきは、患者さんの意志を確認することじゃないのか。その希望にそって別病院に転院、または退院の方向で動くべきだと思った。その最低限の努力をせずに「素地がない」と何故言い切れるのだろうか・・・

<以下、全文は、おりふれ通信404号(2021年8月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ>

|

「ドキュメント 新型コロナ×精神科病院」を見てその1

ゴン(グループホームスタッフ)

 

 おりふれ通信でも昨年来、精神病院での新型コロナウイルス感染についての記事がいくつか出ていましたが、今回Eテレで東京都立松澤病院を中心としたドキュメントが放送されました。

コロナウイルスの問題は、現在の日本社会の問題を顕在化させるものであるとよく言われています。貧困問題・DV問題等いずれも社会的に弱い人達が十分に安全を守られることなく、支援を受けられず困窮していくという状況です。そして、やはり精神疾患の方達、特に長期にわたって病院に入院している人達が精神病院の閉鎖性から大きな危険にさらされ、現実に感染しているという実態を突き付けられました。

松澤病院の斎藤院長は「精神疾患の方は、そうでない方に比べて身体疾患で受けられる医療は明らかに劣っている」また、「現状であればますますセイフティーネットを細らせていくことになる」と話していました。現実に145病院で4600人が感染したことや、精神科病院で新型コロナに陽性になった方の6割の方は転院できなかったことが報告されていました。今回の取材に答えた厚労省。東京都・保健所は、縦割り行政を体現しており、いったいどこを見ていて何を守ろうとしているのかと愕然としましたし、日本精神病院協会会長の「精神病院は町の秩序を守っている、なくなって困るのは警察と保健所でしょ」という言葉にはいつの時代かと耳を疑うと同時に、日本の精神医療は呉秀三の時代と変わっていないのかと絶望的な気持ちになりました。

このような現状を一体どう捉え、自分に何ができるのかを問うた時に力のなさに悲しい気持ちになりますが、問題に目を背けるのでなくできることをやっていくしかないと思うしかありません・・・

 

<以下、全文は、おりふれ通信404号(2021年8月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ>

|

埼玉県630調査 情報公開審査会意見陳述

埼玉県の精神医療を考える会/埼玉県精神医療人権センター  星丘匡史

 

2021年5月24日に、埼玉県の情報公開審査会で意見陳述を行いました。補佐人に長谷川利夫さん、代理人に高宮弁護士、請求人の星丘で行いました。埼玉県は、拘束指示数と隔離指示数のみ非開示という状況でしたので、拘束問題の第一人者である長谷川さんにも参加していただきました。

審査委員は、3名で弁護士と大学の先生でした。

長谷川さんは、豊富な資料と文献と拘束帯をもってきて、身体拘束の問題を語り、利用者が病院を選ぶ「医療選択権」を保障する意味からも情報開示は絶対的に必要と話されました。高宮さんは、今まで出ていた情報が出なくなるのはおかしい。また、都道府県によって条例に多少の差があるものの、情報公開条例の基本的な立て付けは同じなのに、東京や大阪で出ている情報が埼玉で出ないのもおかしいと話されました。星丘は、昔働いていた病院の保護室の様子を話し、この情報が出たところで大した影響はないが、隠すことによって病院の質は悪化すると話しました。

審査委員の一人は大きく頷きながら関心を持って我々の話を聞いてくれました。審査会がどのような回答をしてくるか楽しみです。と言うのも、開示しないようなら裁判を行いたいと思っているからです・・・

<以下、全文は、おりふれ通信403号(2021年7月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ>

 

 

|

STOP✋精神病院の人権侵害  📖小林信子さんの遺稿集が出来ました!

コミュニティサポート研究所 齋藤明子

 

_1

201931日に亡くなった小林信子さんが、クルクルの髪とちょっとはにかんだような微笑と共に‟みんな”のところに帰ってきました。「遺稿集」の形で。英語とスペイン語が話せた彼女にちなんで『遺稿集』というタイトルも日本語だけでなくスペイン語と英語も付けました。A4版という本としては地図帳並みの大きさで(ちなみに地業研の『東京精神病院事情』と同じサイズです)207ページ、持ち応えだけでなく読み応えも十分なのですが、何せ信子さんが1985年~2010年の12月までの間に様々な刊行物に発表した文章を集めたものであるために、写真が少しあるだけで文字ばかりです。

 出来上がってきた本を見て、漫画世代、文字より写真、そしてコメントと言えば超短文の決めつけ調に慣れた人々に読んでもらえるだろうか、とちょっと不安になりました。編集人として何とか信子さんの主張に引きずり込まれてほしいと、全体の6割近くを占める『おりふれ通信』は1985~、1995~、2000~、2006~と掲載された年代を区切って中扉を付け、信子さんの「寸鉄人を刺す(短いけれども奇抜で適切な言葉によって相手の急所を突く)」言葉を中扉で紹介して、せめてこの言葉があるページは読んで欲しい、と「願」をかけました。よろしくお願いします・・・

<以下、全文は、おりふれ通信403号(2021年7月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ>

 

|

裁判傍聴記

当事者 小峰 盛光

2021年629日火曜日にあった精神科病院長期入院の国家賠償訴訟傍聴と報告集会の話をします。その日午前3時まで台東区の当事者と電話で話をし、3時間寝て、午前6時起床。コーヒーを飲んで目を覚まし、午前7時シャワー、午前8時出発、午前9時新橋駅到着。SL広場の喫煙所で一服。これから裁判と報告集会があると思うと眠気が心配になるので、カフェイン入りのエナジードリンクモンスターを買って飲んだ。午前930分、東京地方裁判所に到着。もちろん一番乗りである。なぜそんなに早く行くのかと言うと、当事者の目線で誰が早く来るか、又誰が一番やる気があるのか見たいから。二番目に来たのは埼玉の当事者でした。

次々に地裁1階ロビーに傍聴人が集まって来ました。東京地方裁判所は全面禁煙なので、日比谷公園の喫煙所に行く人もいました。本日は103号法廷です。今はソーシャルディスタンスで、傍聴は50名までですが、少し席が余っていたので3540人ほどが傍聴していたと思います。1人遅れて入ってきたのは、午前3時まで電話で喋っていた台東区の当為者でした。

午前11時開廷。本日は原告側の主張を長谷川敬祐弁護士が話しました。内容は言っていいのか悪いのか、プリントに取り扱い注意と書いてあったので、知りたい人は毎月第2日曜日に開催している精神医療国家賠償請求訴訟研究会の定例会に参加してください。今はコロナでズーム開催。もちろん無料です。

長谷川弁護士の主張に対して、被告側は3ヵ月時間をくれと言い、次回の第4回口頭弁論は927日、次回は国側の主張です。国賠訴訟の楽しいところは国の言い訳です。次回来ないとその場面を見逃すことになります。

裁判が終わると、歩いて隣の弁護士会館に移動。第2回口頭弁論の報告会は西新橋まで歩いたので、今回はラッキーだとみなさん思っていたと思います。弁護士会館5階によい部屋がとれていました。ズームで参加する人もいるため、準備に時間がかかり、その間各団体の宣伝などがありました。

私は一番後ろの席に座りました。司会の人と目があわないよう、質問などで指されるのを避けるためです。私のような当事者もいれば、前の方に座り、手を挙げて指してもらいたい当事者もいます。私の次に裁判所に来た埼玉の当事者は、次々と質問。例えば生活保護引き下げ裁判で、裁判官が判決で国民感情というと、何でも国民感情の判決が出てしまうのではないか等、すごく鋭い質問をぶつけていました。同じ当事者でもこれだけ違う。

そうして午後2時、朝から全く何も食べていないことに気づく。私の頭の中には、腹減った、もう2時だぞ、農林水産省の食堂、手しごとやの咲くら鶏竜田あんかけ丼690円のことしかなかった。当事者3人で食べに行った。うまい!これは本当にうまいから裁判所に行ってお昼食べるなら是非ここがおすすめです。

裁判所を後にして、立川へおりふれ通信の編集会議のため向かわなくてはならないのだ。一気に立川に向かわないと眠気が襲う。編集会議では、今回の裁判の記事を書くことになった。編集会議が終わり、自宅に帰ったのは午後1130分を回っていた。朝6時から夜1130分まで当事者活動。2021629日の内容は以上になります。これだけハードな当事者なのであります。

次回第4回口頭弁論は、2021927日月曜日午後4時 東京地裁103号法廷 裁判終了後報告集会を開催する予定です。

|

投稿 私のハーメルンの笛の音 

アーティチョーク

 

めんどりが、羽の下で雛を守るように、私も息子を守りたかった。

それは、息子が統失(統合失調症)になった時のこと。

退院した息子を、12年は、ゆっくり休ませ守ってやりたかった。が、息子は、復職を選んだ。

私は、パパッと荷物をまとめ、息子の住むつくばの地へ引っ越した。同じく統失の娘を連れて。

「再発はやむなし。でも、孤独の中での再発だけは、絶対に阻止!」

夫をひとり岡山に残すことに、迷いはなかった。

 

金曜日になると、起きられない病。

復職し1年後の息子は、そんな中にいた。頑張った末の息子の姿をみた。ついに退職。

「岡山へ帰ろうか?」

と、息子は言った。私も娘もうなずいた。

 

起きるのは御飯とトイレ、外出は通院の時のみ。朝寝て昼寝て夜寝て、4年半。これが、その後の息子。

うっすらと無念を吸って、それとなく無念を吐いて、それすらどうでもよさそうに、眠り続けた。

「ウンコ製造機」

息子のことを陰でそんな風に言う夫を、

「あれは、療養上手をしてるのよ。ゆっくり休むのが一番いいのよ。自分にとって何がいいかを、ちゃんと分かってるのよ」

と、私と娘でニコニコたしなめつ、祈りだけが支えの日々。

 

ぬッと息子が起きたのは、賜物。やがて、ネコと一緒に出てゆきネコと一緒に自立して、彼女もいてくれて、、、

 

娘や息子と同じく統失の私は、今、笛の音を聴いている。

それは、私が探してきたハーメルンの笛の音。

「ネズミをとりこにし、死ぬまでついて行った音ってどんな音なんだろう?」

想えば切なく探した音。

|

「ゼロ」からの再出発 〜神奈川の630調査情報公開請求〜

神奈川精神医療人権センター 稲川洋

 

(以下の原稿を提出した直後に、神奈川県の担当課から「全面不開示を見直し、部分開示の方向で再検討したい。」との電話がありました。既に審査請求も提出した後で、このような方針変更の連絡があるのは異例のことでしょうが、当面は県庁内の再検討の結果を待ちたいと思います。ただ、部分開示の内容も現時点では全く分かりませんし、一旦は全面不開示という決定が通知され、審査請求まで行ったことは事実なので、原稿は書き換えずに掲載していただきます。その点をご承知おき下さい。)

 

ちょうど1年前に発足したばかりの神奈川精神医療人権センター(以下「KP」)では、630調査についての初めての情報公開請求を行いました。それに対する神奈川県からの答えは、全くの「ゼロ」でした。神奈川県民としては誠に腹立たしく、また他都道府県の方々に対しては恥ずかしい限りですが、この際、恥をしのんで以下にご報告します。

 

1.「東京精神病院事情」との出会い

本題に入る前に私ごとで恐縮ですが、私の家族が精神疾患を発症した20年余り前、医療機関の情報が全く得られず、保健所などからの助力も得られないまま、孤立無縁の状態にありました。その頃、ふと見つけたのが「東京精神病院事情」(何年版かは覚えていません)でした。残念ながら神奈川県の住民である私には、この本による直接的な成果は得られませんでしたが、このように患者や家族の立場に立って書かれた本があるのだということは半ば驚きであり、干天に慈雨の思いでページを繰ったことを覚えています。どんな人たちがこういう本を書いているのだろう、なぜ神奈川県版がないのだろう、という疑問が長らくありましたが、その疑問が最近になってようやく解けました。一読者として、出版に当たってこられた皆様に感謝申し上げます。そして、神奈川県民にも役に立つ情報を何とか得たいという思いから、630調査の情報公開請求に携わることにしました・・・

<以下、全文は、おりふれ通信402号(2021年6月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ>

 

|

奈良県での取り組み 「奈良県精神科病院等立ち入り検査結果」から

社会福祉法人寧楽ゆいの会 地域生活支援センター歩っと 大田雅子

 

奈良県には、かつて「精神保健福祉ジャーナル 『マインドなら』」という情報誌がありました。おりふれ通信にも何度か登場されている、小林時治さんが編集長を務め、県内の家族会員や当事者のフリーライター、社会福祉法人のPSWが編集部員として参加、毎月1500部を発行していました。

 精神障害の当事者や家族の権利を守るための情報発信を目的にしたもので、紙面構成は、県や国全体の動きがトップにあり、家族会活動、参加法人の活動や各圏域ごとの動き、当事者ライターによるエッセイ・コラムというものでした。

制度や県内の自治体などの動きの他、自立支援医療の受給者数や精神保健福祉手帳の所持者数の推移、交通運賃の減免運動、道路交通法改正の問題、学生無年金障害者の全国訴訟、障害年金制度の問題点の指摘や受給勧奨など、多岐にわたるニュースの発信と、問題提起を行なってきました。中でも、身体障害、知的障害と同様の福祉医療制度を求めた運動については4年、学生無年金障害者の全国訴訟については10年にわたって掲載してきました。

 

「精神科病院等立ち入り検査・実地指導結果」は平成11年度分から、630調査については、平成13年度分から毎年情報公開請求を行ない、二つの情報を掛け合わせて県内の精神科病院ごとに平均在院日数や常勤医1人あたりの病床数、任意入院者の開放処遇率などを割り出し、掲載してきました。

奈良県の場合は立ち入り検査結果から以下のような情報を得ることができるため、630調査の代用がほぼできます。(主な項目は※表1のとおり。個人名・9入院者事故処理状況の性別・年齢・入院期間については非開示)。

※表1 平成30年度 奈良県精神科病院等立ち入り検査・実地指導結果 項目

 

項目

内    容

精神科病院概要

病院名、所在地、開設年月日、法人化年月日、精神科特例許可年月日、開設者名、管理者名、事務責任者、経営形態

病院施設の概要

敷地面積、建物延べ面積、標榜診療科目、総病床数、精神指定病床数、精神科病床数、隔離室、差額ベッド床数、基準看護種別

2

精神科職員の状況

職種別、常勤・非常勤別、常勤換算計

3

看護体制

時間帯、配置人員

4

入院形態別入院者数

入院形態別の入院者人数、生活保護受給者数

5

在院患者の状況

措置入院、医療保護入院、任意入院、その他入院、合計

5-1

在院患者の状況

1年以上5年未満再掲。措置入院、医療保護入院、任意入院、その他入院、合計

6

入通院者数

入院者数、外来通院者数

7

入院者の状況

検査当日に一覧表提示

8

任意入院者の入院病棟別分類

開放・半開放・閉鎖病棟別、病棟数、病床数、入院者数

9

入院者事故処理状況

性別、年齢、入院期間、事故の状況、処理経過

10

公衆電話等の種類別設置状況

病棟名、病棟数、電話数、種類(硬貨・カード)、各台数

11

行動制限の状況

制限方法、制限対象者男女別人数、制限理由(選択式)、備考

12

金銭(所持)管理について

所持方法、病院管理の理由

※その他、生活療法及び社会復帰のための施設の有無、消防査察結果について、県の医療監視結果について、職員研修会・講習会等への参加及び開催状況、建物の設計図 等

 

<以下、全文は、おりふれ通信402号(2021年6月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ>

 

 

|

詫び寂びおじさんの徒然日記 その13 いしころとおじさん

この世に価値のない存在なんていないんだよ

道端の石ころでさえ意味があるんだよ

フェリーニの映画「道」より

 

こんにちは おじさんです。

神出病院で起きた拷問にも等しい虐待。酷い事件です。おじさんは加害者は、どこにでもいる普通の看護師だと睨んでいます。どういうことかと言うと、精神病院という組織内で、道徳的水準の低下をひきおこすなんらかの力が働いたに違いないと思うからです。

具体的に言うと、1.院長のパーソナリティ(大元はこの人にある) 2.経営方針 3.職場の上意下達の人間関係 4.心身を消耗させる過酷な労働環境 5.他者を模倣するという人間の行動特性(これもまた大きい) これらの要因が重なった結果起こったことだとおじさんは考えます。ハンナ・アーレントの有名な言葉に「悪とはシステムを無批判に受け入れること」というのがありますが、まさにこれが事件の本質を表しているのではないでしょうか。どうも偉そうなことを言ってごめんなさい。

 

さて、話が変わります。石ころの話です。今、おじさんの枕上に石ころが一つ。これは入間川の河原で拾ってきた石です。米つぶの形をした掌中にすっぽりおさまる大きさです。赤色チャートという名の非常に硬い堆積岩のかけら(川越という所は大昔、海の底だったとか)です。何の気まぐれで持ってきたのか・・・

<以下、全文は、おりふれ通信402号(2021年6月号)でお読み下さい。ご購読(年間2,000円です)のお申し込みは、本ブログ右下のメール送信で。または FAX042-524-7566 立川市錦町1-5-1-201 おりふれの会へ>

 

 

 

|

«院内集会 神出病院事件を繰り返さない ー虐待事件の政策的解決に向けてーに参加して